海と都をつなぐ鯖フェスver1


おはよー

20170521131951c5d.jpg

いい仕事してるでしょ。
若狭瓦です。

なぜ北前船の日本遺産に小浜がはいっていないんだ??
つぶやきです。歴史の根幹を無視して活用、商用に走ったとき、日本遺産は終わりだな。

悲しいことです。

さて、いよいよ鯖フェス。
鯖街道ウルトラマラソン前夜祭。

まずは、海辺に鯖かつぎの体験天秤棒をお借りにドライブ。
途中で矢代の観音さんを南無南無☆

20170521131953677.jpg

非業の死をとげた異国の王女の写しとも言われています。
来週ご開帳

行けないかも…なので丁寧に勤行。
海と都をつなぐ大切な歴史の証人です。

まちの駅では…

201705211319562a6.jpg

続々とランナーのエントリー。

2017052113195746c.jpg

おばま醤油干でおもてなし。
お酒はもちろん若杯者です♪

夜は中辻さんの素敵なトークショー@旭座

2017052113195900d.jpg

まちの駅&旭座活用のモデル事業です。
元気な市民実行委員に私たちが少しだけお手伝い!
というか対等な立場で。

大成功。

明日は5時からランナーの皆様に鯖お渡し。
4時おきなのに少し打ち上げで飲んでしまいました(笑)


鯖街道体験ウォーキング


第12回鯖街道ウォーキングに参加しました。
昨年は裏方スタッフでしたが、今回は全行程参加です。

あいにくの雨の中、朝7時に鯖街道起点のいづみ町商店街を出発!

旧丹後街道を歩き、最初は遠敷の清右ヱ門。

2017051505543257b.jpg

地元の方の釜炒茶の暖かいおもてなし。
冷えた体が元気になります。

201705150554333ca.jpg

神宮寺の参道を歩いていくと…
ご住職やサポートメンバーでお水送りの柴刈り真っ最中。

コツコツとした取り組みで大きな事業が支えられているのです。
参加者の皆様にお水送りの紹介ができました。
鵜の瀬でさらにお水送りをご紹介し、
雨が強いのでバスで上根来助太郎へ!

20170515055435472.jpg

皆様に古民家風情を楽しんでいただき根来坂にとりつきます。

20170515055436def.jpg

幻想的な針畑峠をこえて

201705150554298e0.jpg

夕方には無事に山帰来到着。
朽木温泉てんくうで冷えた体を温め懇親会。

総勢50名のうち今年は関東からの参加者が多かった。
みなさんと楽しいお話ができました。

翌日は、久多からオグロ坂へ。

20170515055431875.jpg

昨日とうってかわっての好天。

元気な新緑から元気がもらえます。

八丁平→二の谷→大見→花背

夕方には無事に出町商店街到着です。

20170515055428df6.jpg

多くの皆様に歓迎いただきました。

いゃあ、先達としていい前行になりました。
他の先達スタッフも素敵な方ばかり。
若狭坊もそうなれるようにがんばります。

トラディショナル&フェスティバル


朝の南無南無@多田大明神♪

2017041317314296b.jpg

職場からみた小浜の町の夕闇☆

201704131731438ca.jpg

今日もお疲れさまでした。

ということで??
最近少しずつご褒美

20170413173140711.jpg

奈良の名酒!「梅の宿」

一昨年だったかな??
大峯蓮華入峰の後に寄った蔵です。
ゆずの酒など女性向きのお酒のイメージが強いけど、
旨い純米酒です。

さて、大峰山まで3ヶ月も切り、これからは大峯ネタが増加していきます。
今は桜を愛でに吉野山に行きたくてしょうがありません。

で、吉野山といえば私たちが出仕する蓮華会ですが。
蛙とびが有名で日本三大奇祭。
でも、メインは蔵王堂内の蓮華会であり、
翌日山上までの拝所に花を供える由緒ある行事。

蛙とびはいわば一般民衆に対する魅せる祭りであり、花のある催し。

単純な法要、法会だけでは新しい人材も浄財も集まらない。

両方が祭りの大切な要素。

ただ、魅せるフェスティバルに傾倒してしまうと行事の根本がなくなってしまう。

民俗行事は本当に面白い。
何が正解なのかもわからない。
たぶん変わりながら伝承されてきた全てが正解。
そして根本を見失わないように日々変化も必要。

蓮華会と蛙とびなんかはそのバランスが取れているんじゃないかな?
山伏と験力の物語も出来上がっている。

この分かりやすい物語も伝承には大切になってくる。

窪谷の六斎なんかも「祈る」と「魅せる」が絶妙のミックスバランス

お堅いのもキライ
やわらかすぎもキライ
どちらも大切!

これこれ「人」が関わる文化財。

伝統だけのものには新しさをミックスしましょう。
決して悪くありません。

そうすることにより、新たな継承の担い手も出てきます。


伝統文化の継承は日本全国の課題。

そういうスタンスの人間が文化財保護行政に関わっていていいのだろうか…(笑)


鯖の日


鯖の日ミッション完了!!

結局、鯖街道を車でいったり来たりしていたら終わってしまっていた感覚です(笑)

まずは若狭町開催のこちらへ…

20170309051901b56.jpg

鯖街道商い交流会

鯖街道沿線の商い業者が、人と文化の交流を学び、さらにネットワークを活かした新商品開発や起業に結びつけるというイベント。

まずは二本の講演からスタートでしたが、御食国木簡の話は秀逸で、もっと聞いていたかった。

講演後のメインイベント交流会の進行は、出ました全鯖連のサバニスト&サバジェンヌ♪

20170309051902ed9.jpg

若狭町・小浜市の多くの方で賑わいました。

201703090519041b0.jpg

交流会では事業者や活動団体のショートプレゼンも。
小浜からは地おこのあひろちゃんとチーム上根来。

20170309051905a32.jpg

参加者に響いていたと思います。
なかなか交流からすぐに実行には繋がらないかもしれませんが、お互いの活動を知るだけで、必ず何かは生まれます。

終了前に片付けのお手伝いもせずに旭座へ。

入館者20万人突破セレモニーの後
小浜では旭座鯖ん博開催!!

スタートは昨年の鯖サミット1日目の中止で幻となっていた「県大教授との鯖トーク」開催。

201703090519073e6.jpg

中止になった鯖サミット時には若狭坊が司会進行する予定だったのですが、今回はさせてもらえませんでした^_^;

かなりモヤモヤ感。

終わってからは岩佐美咲の「鯖街道」を歌う大カラオケ大会。

2017030905190800e.jpg

こちらも機械の段取りなんかを急きょ担当したが唄うこともなく…

モヤモヤ

再び若狭町へ向かい熊川宿での商い交流会打ち上げに参加。

こちらも、事業自体は裏方だったのでモヤモヤ。いい事業だったから尚更かな。

今年の鯖サミットの開催の話になり、さらにモヤモヤ。

飲まずに帰ってきて、
おーっ!鯖の日も終わるのに仲間と打ち上げもできず、酒も呑んでいないと大モヤモヤ(笑)

今日の所感☆

いろんなことを我がポリシーをもって自分でしたいが、お互いの領域もあるし手も回らない。
鯖街道がメジャーになればなるほど、そんなモヤモヤは続いていくんだろうか。

でも、どんどん鯖街道を活かす活動が芽生えているだけて嬉しいよね。

自分は表にいなくていいやん!
ぜいたくなモヤモヤだな(笑)

日本遺産「神事能」と「お水送り」

まだ・・・疲れがとれない若狭坊です。

今日は疲れがとれない中で、永平寺町まで出張。

2017013120503817d.jpg

永平寺と勝山平泉寺を中心とした文化遺産群を日本遺産にということで、
若狭坊が偉そうに少しだけ講師みたいなことをさせていただきました。

非常に魅力的なストーリーだと思います。

話の方は・・・
疲れた・・・(笑)

久々に50点以下のしゃべりでした



さて・・・

若狭猿楽の系譜をひく倉座の能が国選択無形民俗文化財となりました。

観世流の影響を受けながらも、古相を代々受け継いできた特色が評価されたようです。

これを記念して小浜旭座で上演されるとのこと。
若狭坊は10年以上前に風祈能を見せていただいて以後、機会を得ていない。
もちろん日本遺産構成文化財。
これは必見ですね。

3月18日(土) 13:30~ 申し込み不要・観覧無料。
これは混雑間違いなしだな。

今日は勝山市の山田先生に貴重な著書を御恵贈いただきました。

20170131211004185.jpg

これまで須田先生の若狭猿楽の研究がバイブルでしたが
それ以上にわかりやすく体系的にまとめてあります。

なぜ小浜の神社には舞堂がたくさん伝世されているのか?
興味のある方はぜひお読みください。

王の舞も含めてですが
若狭の文化は京の都につながっています。


さて、3月2日は「お水送り」

福井県立若狭歴史博物館ではお水送り前の恒例のミニ展が開催されます。

「お水送りと若狭の神宮寺」
2月4日~3月20日まで。


お水送りの伝承と、日本遺産となっている最古の鯖街道の文化的景観が紹介されます。

歴史的必然の上に結ばれてきた奈良と若狭。

ロマンに思いをはせる1ヶ月がスタートします。

若狭はいつの時代も奈良や京都の都にとって大切な場所でした。

東京にとっても大切な場所になるでしょうか?
これからですね。


プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
417位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
67位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR