お水送りを事前にたどる2


楽しく飲みながら観光を議論した夜にブログ更新している若狭坊です。

昼間は連日のお水送りの取材対応。

20170222162025400.jpg

ご住職がおこもり中のため、なぜか若狭坊対応が多くなる(笑)
いらんこと言うと後でご住職に大目玉をくらうので、ほどほどにしております。

ということで静かに遥拝

20170222162038a1a.jpg

あわせて、桜本坊に若峯講の献酒とご祈祷料をお届けしました。
ちなみに、お水送りの主体は下根来区であって、若狭神宮寺はあくまで別当です。
お水送りにあわせて修二会を行われています。
実は古来の在地信仰と渡来思想が融合した源流を見て取れます。

ここが国家がすべてを取り仕切って神仏習合を体系化した東大寺と違うところです。

いまだに『東大寺要録』の遠敷明神の記述から、お水送りは若狭彦神社に根本があるから神宮寺は関係ない!みたいなことを仰る方もいる…らしいです。

苦笑ですね。

そんなことなら、若狭からみて東大寺二月堂お水取りは鎮護する遠敷神社の例祭だと言えてしまう。
こんなこと言ったら東大寺さんは、大激怒するでしょ。

実は、現在の若狭一宮根本神宮寺の歴史は鎌倉時代の中興からで、ここだけでも一宮別当として神宮寺が行じていても何らおかしくないのですか…そんな浅いものでもない。

お水送りが行われる鵜の瀬がある下根来白石の地は、古代若狭比古神が御降臨された根本地で、そこに住む方々は遠敷明神を祀ってきた神徒中です。

彼らの別当として奈良時代創建の若狭比古神願寺が、東大寺と密接につながっていたのです。
若狭神願寺は平城宮と同型の瓦を葺くので、東大寺と同じく何らかの国家関与があったこともわかります。

でも残念ながら二月堂の不退転と同じように、古代までさかのぼる資料が若狭にはない。

しかし、中世には若狭神宮寺と下根来神徒がお水送りを行司じていたことは資料から類推される。

若狭彦神社の春の水分祭とは違うのです。

神仏混淆をすすめた聖武天皇の想いが、良弁と実忠の思想により体言化された我が国の素晴らしい正月行事です。

昨日はそのロマンに馳せて仲間内で五行思想をもとに議論。

陰陽五行では、中心を「土」として、北は「水」、南は「火」、西は「木」、東は「金」とします。
まあ、こんな単純なものではないですが。

「平城京を中心の土」とすると、「北はお水送りの水」、「南は熊野那智の火祭り」になります。

ちなみに南は木ノ国(紀伊国)ですが、火生木で大仏鋳造鍍金に必要な木炭を産み出します。

お水送りでは水剋火で火は重要で、神聖な水のコントロールをしています。
平城京を中心にした北の若狭と南の熊野ラインには、平安京と鞍馬の火祭りもあります。
平安京でも若狭からの水は神聖化されていましたが、鞍馬でコントロールしています。

東大寺大仏造営では「西の宇佐八幡神が自分が草木になる」と宣言されています。
手向山八幡という東大寺の大切な神となられました。

金は南の吉野金峯山や、北の石山など転々と求められた結果、「金は東の陸奥」に一件落着します。

面白いですね。

1300年前からの時空を超えた思想。

さあ、今年も水の国から神聖な不老不死の水をお届けしましょう。

20170222162039b88.jpg

『若狭の聖水が奈良に湧く』出版


風邪が全快にならない若狭坊です。
若干、花粉症も発症しているような気配です。

さて、元朝日新聞記者で、ライターの土岐さんが無事出版。

201702091520581e9.jpg

なかなかの大作です。
最初から色々ご相談を受けていたので、嬉しい限りです。

専門に縛られる研究者にできない多角的視点とライターらしい取材での新しい知見。

お水送りをまとめた本がない中で、小浜の誇りを感じ取れる一冊になっています。

まもなく市内外の書店でも入手できると思います。

興味のある方はお買い求めください。

800円(税別)とリーズナブルですよ☆


不老不死の街道


今日はいい天気でした★★

ということで、鯖街道針畑越えを散策する人の写真撮影♪

まずは、久々の上社で南無南無

DSCN1762.jpg

朝の若狭比古様には、本当にすばらしい光が差し込みます。

DSCN1768.jpg

続いては根本神宮寺へ。

DSCN1771.jpg

個人的に門から覗く写真好きだな~(笑)
雰囲気のある僧坊跡を・・・

DSCN1777.jpg

奥之坊へ向かう参道でも写真取りました~。

DSCN1781.jpg

ちょっとだけ住職とお話して・・・
向かうは鵜の瀬

DSCN1795.jpg

奈良まで届く淵は、今日も澄み切っていました。

DSCN1797.jpg

そう、ここは、大陸と都をつないだ信仰の道。
先進の文化と、人が生きるための食と水が送られた道。
八百歳生きた比丘尼の伝説も根付く。

飛鳥・奈良・京都から真北に位置する聖なる場。
南の紀伊山地の霊場に対比される世界遺産にも匹敵する場です。

DSCN1801.jpg

そう思うと、なにげない砂防堰堤も光輝きます。

不老不死の道トレッキング。
鯖街道を歩いて健康になろう。

そんなパンフレットのための写真撮影なのでした。


最後は助太郎の囲炉裏を囲んで。

DSCN1818.jpg

街道沿いのWATOTOさんは、古民家で薬膳料理をされているし
この助太郎でも健康をキーワードにした何かをしてもいいかな?


ともかくも・・・
もっともっと多くの方に歩いていただきたい道です。

我が国を代表する道ですから。

ちなみにモデルの衣装やバックパックは若狭坊のものです(笑)


今日の鵜の瀬


今日はお客様をご案内して「鵜の瀬」から「上根来」へ

最近このコースが多くなってきました。

若狭小浜の日本遺産の一つのモデルコースです。


今日の鵜の瀬。

きれいでした。

DSC_2416.jpg

この水の透明度はどうなんだ!!!!


ここに水が注がれ、奈良東大寺二月堂の若狭井に湧き出す水を汲み取るのが

「お水取り」

奈良までみえそうな透明度だぞ。

もちろん鯖Tシャツをきたモデル同僚も透明度抜群で~す。

鯖Tシャツ。

欲しい方は、小浜市まちの駅旭座前のグリーンカフェまでお問い合わせください。




小浜旭座の「和と洋」


明治時代の芝居小屋である旭座。
日本の古き良き空間を感じさせる文化財として人気です。

NEWS000000688001.jpg

が、完全な和空間でないことも、来訪者を落ち着かせる一因です。

えっどこ??

DSC_2321.jpg

ん???

original-b9fc97687643669694e85f7693540d79140cfeb1.jpg

と思われますよね。

DSC_2323.jpg

単純に「木」の雰囲気ただよう「和」が際立ちますが。

かなり和洋折衷しております。
まず建物の根本。

隠れた小屋組(天井裏の骨組み)ですが、
客席上はトラス組という洋の技術をつかっています。
このことによって、柱を抜いて大空間をつくっています。

一方、舞台は伝統的な平面配置となるので、和小屋の組となります。
舞台上を見上げると確認することができます。

実は他にも色々あるのですが、
一番は天井でしょうね。

DSC_2322.jpg

薄い緑色ですねん。
わりと違和感なく受け入れられていますよね。
洋風建築の色は、白色、レンガ色、薄緑色が基調色です。
石や金属の文化ですから。

しかも天井中央には格子組のデザインを用い、大きなシャンデリアがあります。

これら、よく見ると色々和洋折衷しているのですが、あまり気づきません。

このような和洋折衷が、日本文化となり明治から昭和初期のノスタルジーを
感じるわけです。

実は二千年近く日本は和洋折衷を進めている国で。
日本文化!と思っているものの中にそれらは数多く潜んでいます。

その文化を受け入れていたのは若狭小浜。
小浜旭座は、それを感じさせる最も新しい文化財なのかもしれません。


プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
417位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
67位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR