卯杖作り


なかなか雪融けませんね。
日曜日の午前中は、少年野球。
早く屋外練習出来るよう学校の校庭をテクテク歩いて融雪促進しました。

午後からは、くぼたん1組新年会。
ちょっとだるい月曜日の朝です(笑)

さて…
土曜日は、小坊主の学習発表会を楽しんだあと、ちょっとした作業。

山シーズンが近づいてきたので杖作りです。
N先達が南天を分けてくださると言われていますが、その前に自分でもやってみようかと。

材質は棗(ナツメ)。
硬くて杖向きですがちょっと重い木です。

2017022006182510b.jpg

自宅裏で数年間、枝をはらって真っ直ぐ育ててきました。
本幹を残して真っ直ぐな枝幹を伐採。

ナイフで皮を剥ぎ

20170220061826fd4.jpg

とりあえず完成。

20170220061828802.jpg

あとはじっくり乾燥させる予定。

しかし…
かなり太くて重い。
乾燥して軽くなるといいが…
乾ききる前にもう少し削るかな?

さて、日本書紀の時代から棗は杖材です。

邪気を祓う「卯杖」という風習がありまして、
正月に天皇に献上される伝統があります。

その材は、棗や柊、椿、梅など。
5尺3寸(160㎝くらい?)に揃えます。

宮中行事としては衰退したようですが
神社では杖や卯槌、ウソカエなどの伝統を伝えているところもあります。

ということで、山で使えなくても
邪気を祓う卯杖としておいておく予定です。

とにかく…
乾燥待ち。

軽くなったら白木の部分に柿渋を塗布予定です。

出来れば錫杖頭も着けたく
ヤフオクで探しています(笑)



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
640位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
99位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR