小浜港で町歩き

中世小浜湊地形復元のため、午前中は町歩き。

小浜(今の小浜市街地)の町の形成は地形的には大きく二期に分かれる。
湊の位置はさらに三~四か所程度の拠点が変遷する。

一期は、後瀬山山麓で、湊は青井や津田入り江、和泉町先。

二期は本町通りで、湊は旧南川河口、そして湾内となる。

今日は二期の港の成長過程を調べるため、小浜東組を半日ゆっくりブラブラした。微地形チェックである。

この地域。重伝建群の小浜西組に引けをとらない古い町並みを残す。

NCM_0002.jpg

これは町家の玄関。
井戸のマークは、家内に井戸がある印。
井戸が複数あると井桁の中に「二」「三」という漢数字が入る。
井戸マークの中の「泉」は、湧水がある印。

いいですね。昔のすばらしいコミュニティを示している。
今の時代。東日本大震災からコミュニティの大切さが再認識されている。

いい文化は見直してほしい。
防災面からも評価できる歴史文化ですよね。

みぞれに打たれ冷え切ったので、いつもなら浜の湯なのだが、
今日は空腹優先で道の駅によって「サバくんピザ」を買う。

地元の若手が研究した小浜名物のサバを燻製にしてトッピングした新グルメである。

NCM_0004.jpg

おいしんだなぁ~。これが!(^^)!

がんばっているのは若狭坊と同世代のみんな。

オレもやったるでぇ~!!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
637位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
98位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR