眺める場所から変わるもの


ひさびさの定点観測@日曜日

DSC_2770.jpg

12月の初め・・・

小浜の各地では「山の口講」が行われていたでしょう。
若狭坊も1年の感謝をこめて、多田に向かい南無南無させていただきました。

海と山に囲まれた日本。

毎日なにげに眺めている山ですが・・・

一度登った山は、ふもとから眺めるとさらに美しく見え、
またあの頂に立ちたいと思います。


さて、

これも秋からの週末定点観測☆

DSC_2771.jpg

この定点観測は、相変わらずイライラします(笑)

チームが全体として
ますます伸び伸び自己判断でできないマイナスサイクルに入ってきたな。

子どもに教える
子どもとともに歩むは団体となると本当にむずかしい。

まあ、若狭坊にできることは、小坊主の基礎体力アップといまさらながらの基礎練習か?
見えていないものを見せてあげる。
違う眺めの場所から見えているものを判り易く・・・


山に入るものは、山に入らないときに何ができるかが勝負。
「山の行より里の行」といいます。

山が閉じている今、できることを考えるのもそうですが・・・

グラウンドが閉ざされる冬に何ができるか?
小坊主と考えよう。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
660位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
97位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR