勧請綱

昨日は六日講の勧請綱行事でした。

お正月に龍に見立てた藁綱を作り、集落入口に張って悪霊が
来訪するのを防ぐのです。
集落居住者に不幸があると切り落とします。

kanzyoutuna.jpg

この行事。中国地方山間部や関東の一部にもあるのですが、
若狭、近江、伊賀、大和に集中する民俗行事です。

若狭湾から近江や山城を経て伊勢、大和に抜けるベルト地帯にです。

この地域の共有としては古い十一面観音が集中するという事例もあり。

いずれも渡来信仰と絡めると面白いですね。


ちなみに東大寺二月堂のお水取りは、若狭からの水が若狭井に湧き
出すというが、このベルト地帯には「若狭の水がわく」伝説が、
いっぱいある。

それぞれが断片的に何かを示していますよね。
つなげてみたいな!!


さあ、今から浜辺の渡来信仰と関係ある!?みたいな民俗行事を
取材してきます。

ちなみに小浜の勧請綱行事は二〇日に荒木区でもありますよ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
417位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
67位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR