根来坂(鯖街道)~百里ヶ岳(トレイル)~木地山峠


宣言通り。

今年の山納めは多田ヶ岳ではなく、一年の総計ということで上根来起点の百里ヶ岳周回にしました。


8:30 上根来の休憩処「助太郎」をスタート。

DSC_2640.jpg

今日も一人旅。
山伏装束ではありません。
持っているのは熊除けの持鈴(五鈷鈴)のみ。

気楽山行です。
小浜の写真家のS川さんとばったり出会い、談笑後に・・・

8:40 根来坂旧道登山口

DSC_2642.jpg

先日の上根来ワークショップでつけた看板を辿っていきます。

9:10 ゴザ岩(御座岩)

DSC_2647.jpg

若狭彦神がご降臨された時に腰掛けられた岩には神秘的な光が差し込んでいました。

DSC_2648.jpg

正面には若狭神体である多田ヶ岳をきれいに遥拝します。
朝ウォークの反対側から南無南無。

ちなみに、このゴザ岩は20年来50m上にある岩を想定していました。
さまざまな書物に掲載されているものとは違うものを今回住民の皆様の伝承検証からゴザ岩と再指定しています。

看板は旧ゴザ岩を想定して作った説明文なので、現在の真のゴザ岩の説明と合致していません(^_^;)
すみません。

林道へ出ると、近年にないきれいに整備清掃された道。

DSC_2649.jpg

林道舗装工事が始まるので掃除したんだな。
11月の紅葉・雲海をみるための車来訪のチャンスですよ。

でも所詮は林道。
落石バンバンですから、あくまでも自己責任ということで・・・

9:30 池の地蔵

DSC_2651.jpg

フカフカの深掘れの道を歩み・・・

DSC_2652.jpg

9:50 根来坂峠(針畑峠)

今回の山は来訪者の安全確保も目的であり・・・
浮石や枯れ枝の除去をしながらだったのでちょっと遅い。

浮石は下に落とさないように・・・下に落ちない位置に移動。
フカフカに気を取られて捻挫しないよにね。

東に方向を変えて高島トレイル入り。

10:40 百里ヶ岳山頂

DSC_2657.jpg

一気に増える登山客とあいさつするが、できない高齢者多すぎ(ー_ー)!!
こまったもんです。

11:15 木地山峠

DSC_2658.jpg

峠の地蔵尊に南無南無し、
北に足をむけて下山開始。

道は根来坂より若干荒れているが、きれいな深掘れ道もある。
そう!ここもちろん鯖街道なのだ。
というか木地師がいたと思われる平場が峠付近には点在している。

職人の場ですね。

こちらは紅葉が結構楽しめる。

DSC_2660.jpg

赤や黄色に目を向けてゆっくり下りていく。

DSC_2661.jpg

そして・・・

12:00ジャスト 上根来助太郎着

お弁当ひろげてゆっくり昼食タイムです。

DSC_2663.jpg

冷え切った手で、助太郎ノートに書き込み。
第1号なのに、手が思うように利かず、ちょー汚い字(^_^;)

ゆるしてね。

ごろんと横になり

DSC_2664.jpg

百年以上、生活を見続けてきた素敵な梁をながめ

13:00 車にて下山

下山前に里山集落を散策に来られた高齢の方や、炭焼きの炭出しにいらっしゃった元住民の方と談笑し、いい気分で帰ります。
普通なら、即「濱の湯」なんですが、まだ傷口見られるのイヤなので我が家風呂です。

そして現在ブログ更新中(笑)

山の会ガイドでは6時間くらいの行程かな?
遠敷のふるさとづくり作成のマップでは10時間コースだった(笑)

ここを3時間半で回ってくるとさすがに疲れる・・・
トレイルランメンバーにいうと笑われるタイムだけど。

ともかく、充実したので今からお昼寝します。

おやすみ~♪


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
660位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
97位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR