光を求めて☆


食のまつり2日目も終わりました。

全国B級グルメもそうですが、
日本遺産「御食国若狭と鯖街道」の食をご来場の方には満喫いただいたでしょう。

なんといっても、地魚七輪焼きや鯖街道鯖寿司食べ比べは大人気です。

いまから打ち上げに行きます。
疲れ切っていますが、打ち上げはその日の内に・・・
モットーです(^-^)/

その合間をぬって・・・

昨日の社寺ライトアップはしごのご報告。


食のまつりの疲れで止めようかとおもったけど
疲れた体にムチ打って

まずは創建1300年を迎えた羽賀寺へ。

DSC_2505.jpg

暗闇の一筋の灯りを辿っていくと奥に光を見つける。

DSC_2501.jpg

580年前に奥州安東氏により再建された本堂。

1300年前に元正天皇が鳳凰に由緒あるこの地に何を願ったのか。
鳳凰が羽ばたくように優雅な本堂だ。

しばし眺め。
事業をご担当されている県の方と談笑し・・・
本堂内でご本尊他に南無南無させていただき、英語の解説を聞く。

やさしい英語解説が体に浸透していった。
小浜も羽賀寺も古くから国際的な場。

寺は単なる観光だけでなく、国際交流の場としてもっと活用していい。
そういう歴史的な場所なのだから。


その後、若狭姫神社へ。

遠敷祭の大太鼓宮入にあわせて今度は千年杉のライトアップ。

DSC_2513.jpg

OBAMA食のまつりでうまいものを食べ、
若狭小浜の社寺を満喫する。

贅沢な週末である。

小浜でしかできない楽しみだ。

帰りは鯖街道の旧街道を少しだけ歩く。

DSC_2514.jpg

日本のさまざまな文化を創世してきた道。

千年以上続いてきた道に身を置いて、

その文化を継承し、新しく創出していく小さな力として
「がんばろう」
と、自分に言い聞かせた。

一人でライトアップめぐりはちょっと寂しい。
色々思ってしまうのです(笑)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
677位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
99位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR