旭座六年☆

昨日は気の会う仲間&映像のプロH太さんとひさびさに一杯。
西組や旭座など小浜市旧市街地の活性化をやってきた仲間。
おのずと話は弾みます。

まちの駅や西組を次のステップへ。
みんなが思っていること。

計画ができハードが整いつつある。
ソフトが追いついていかなければまちづくりは破綻します。
その責任を果たすのも「使命」と改めて思いました。


明日はちょっとクローズドな会?

福井県自治労研究集会in小浜がありまして・・・
県内の自治体職員約40名を前に
開会の基調講演ということで旭座にて1時間ほどおしゃべりします。

テーマは「旭座を拠点とした観光まちづくり」

なにも準備がしてなくて・・・
今日一日、しっかり頭をまとめるつもりです。

資料を揃えていると・・・

7bc67889.jpg

こんなの出てきた・・・

ちょうど6年前。
若狭坊が初めて旧旭座で実施した事業だ。

30代後半から40才になる頃。
歴史を活かしたまちづくりにまい進していて・・・
専門家と住民と行政職員によるワークショップを毎月実施していた。

その集大成のフォーラムを旭座で行い、
活かす文化財として「旭座復活」が提言された。

9ef2b0dd.jpg

小浜のまちづくりのそうそうたるメンバーがパネラーだった。
あだっちゃんも玉ちゃんも若狭坊も、病にまけずに戦いながら今も現役だ(笑)

最初の掃除は地元再生の会とコラボさせていただいた。
永三坊さんやお茶先生とのお付き合いはそこからだ。
歴史まちづくりの構想だけでなく、ちょうちんの飾りつけなどはAPECさん。
APECさんとの深い付き合いも、もう10年になるんだな。

で・・・
そのフォーラムからちょうど6年後に、自分が偉そうに話をする。
なにかの巡りあわせだろうか?

まあ、精一杯準備して、仲間と共に歩んだ取り組みを紹介しよう。
移転復原まで辛く長い道のりだったけど、仲間とともに歩んだ思い出のみちだから。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
417位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
67位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR