小浜市の伝統行事と食

ようやく発刊!

13442400_1018376671614354_5770304768409250528_n.jpg

食文化館開館当時から懸案となっていた調査。
10数年を計画して、ようやく一区切り。

開館当時に兼務で展示コンセプトに携わり、
「これが一番大事」と、その必要性を説き、
責任ないままに、後継者に任せ、元の文化財担当となりました。

歴代の学芸員がコツコツと調査を重ね、
文化財担当として応援できる体制が整ったので応援し、
展示リニューアル担当として再び食文化館に異動となり、
ようやく取りまとめることができました。

DSC_2177.jpg

S藤学芸員と、とりわけI矢学芸員のアクティブ調査の賜物。

若狭坊は、学芸チーフでありながら、番組撮影がある大きな調査や、
どうしても上記二人が対応できないようなものしか担当していません。

もちろん執筆も大してしてない。

でも、なにより私たちを快く迎え入れてくれた行事に携わる人々に感謝です。

この報告書。
本当に価値のあるものです。
民俗文化財の宝庫 若狭おばま
日本食文化の縮図 若狭おばま
示しています。

ちなみに巻頭カラー図版は「くぼたん」です(笑)

DSC_2176.jpg

これから、順次お世話になった方々には発送されるでしょう。
あとは、近隣の図書館や研究機関にも発送されます。

今回は、伝統行事でもコミュニティーの祭礼や年中行事が主体。
今後の課題は、家庭での行事や冠婚葬祭での食になるでしょう。

学芸員のみんなには新しい目標に向かって一歩一歩進んでほしいものです。

歴史文化を活かす!は、すぐに結果が求められますが、
このような専門的な地道な調査の地盤の上だからこそ成立します。

うちの他の学芸でも、結果ばかりを求めて、結局の積み重ねがない人たちが増えてきました。
あかんで。
外にでなよ!!!

ご興味のある方は、御食国若狭おばま食文化館まで。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
637位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
98位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR