人のルールより自然のルール

土曜日の定点観測。

DSC_1936.jpg

そして・・・日曜日の定点。

DSC_1937.jpg

日曜日は春の嵐の大風でした。
なんと若狭マラソンが当日直前の中止決定。

準備されていた方。
遠くから若狭路をめざしてお越しいただいた方。

本当に無念だったと思います。

さて・・・

若葉芽吹き、白っぽい緑が広がる山々。

DSC_1940.jpg

5月初旬の新緑。以後、徐々に広がる深緑。

若狭坊は、四月の白っぽい緑が好きです。
山に入りたくなります。
が・・・お肌の弱い若狭坊は、この芽吹きのパワーに
かぶれることがよくあります。
小さいときは、よく顔や手足がブツブツになったし
大人になっても山入りの後に顔面がひどいことになったこと数回。
顔はいかついけどデリケートなのです(笑)

今年は娘がどこでどうなったか?
顔がかぶれてかわいそうなことになっています。

ということで、山は今しばらく自重です。

命のパワーは本当にすごいのです。
この季節の自然にはチカラがみなぎっています。

若狭坊もまもなく46歳の誕生日。
自然からチカラをいただき生きていきましょう。

誕生日前。先週は久しぶりの免許更新でした。
優良ドライバーですから久しぶりなのです

久しぶりだと道路交通法改正の説明を聞いて
「へぇ~」って思うことがいくつもあったりする。

そして、更新のたびに事故の恐ろしさを痛感する。
数年に一度ですが必要な作業ですね。


朝、歩いていて、事故の現場跡を通りすぎます。

DSC_1939.jpg

国道を横断していく鹿の獣道です(国道から見た!の図)。
周りには、車のヘッドライトや部品の破片。
何台分も見受けられます。

わざわざパワーみなぎる山から、荒れた下界に来なくてもいいのに。
でも、外から見る以上に山も荒れているのでしょうね。

食物連鎖の頂点にたつ人間が、山に入って、幸をいただかないと。

そういう生活に回帰していかないと、
実は 『生産の限界』 を悟って自然減を始めている人口減少は止まらないのです。


縄文時代に戻れ!とは言いませんが(笑)

山に入る心を持つもの。
海の幸に誇りをもつもの。

が、DNAを残していく時代に突入し始めました。

日本は1次産業に携わり、さらなる地産地消を進める活動が
注目される時代に突入しています。

地産地消は、小さな意味では市内流通圏であり、大きな意味では国内流通。
広がりすぎたものを安心安全健康の元あった圏内に戻そうという自然な流れ。
六次産業化なんてのも、これを根幹としています。

近くで安心安全な食。
そしてそれに感謝する心。

これは日本人への回帰でもあり、自然を敬う修験道にもつながっています。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
466位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
75位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR