旅の計画は楽しい☆♪

まだまだ、正月です

加茂神社のオイケモノもありますし

オイケモノ

くわしくは、上記「オイケモノ」クリックで過去記事を参考にしてほしいのですが
まあ、山・森の民である日本人らしい正月行事です。

旧暦の正月16日の実施なので、今年は23日(火)開催です。
興味のある方。
小浜市の宮川地区加茂に鎮座する加茂神社をお訪ねください。
国選択無形民俗文化財となっています。

さて、話は変わりますが日本人の療養といえば「温泉」。

暖かくなったら、ちょっと温泉にでも行ってゆっくりしたいな☆
と思っています。
週末の湯治ですから、そんなに遠いところには行けないけど。
北陸だったら、遠くても和倉や宇奈月か・・・
関西だったら有馬だな。
東海方面だったら下呂や知多になるのかな。
山陰の三朝なんかもいったことない・・・。

妄想だけが膨らみます。

元気であれば、目的地+オマケ温泉という旅の計画になるのが若狭坊。
「どこかに行きたい!」が最優先で
近くに温泉があれば、ラッキーみたいなもので。

「いい温泉でゆっくりしたい」って・・・
もしかしたら、旅の趣向自体が老化してきたのかもしれない(笑)
いやいや・・・あくまで湯治ですから。
でも年齢を重ねる度に温泉のウェートは高まりつつある・・・

ただ、暖かくなると仕事関係のイベントも増え
子どもの学童野球も本格化するので、結局妄想で終わるかもしれないな。

そうそう。
毎年の温泉といえば、7月の大峰参り♪
吉野から山上までおまいりした後は、天川村洞川温泉に宿泊です。
とっても雰囲気のある温泉郷です。

dorokawa.jpg

宿泊は光緑園西清旅館さん☆

nishisei.jpg

なかなかいいお湯ですよ。
丸一日歩いて疲れきった体を癒してくれます。
今年は、精進落としでもそれほど飲まない(だろうから)
今まで以上にゆっくり湯にもつかれることでしょう。

この大峰参りの旅は、例年7月7日~9日。
7日は、吉野の蓮華会蛙飛びに出仕して宿坊に宿泊。
8日は、早朝に吉野発で練行して、夕刻に山上蔵王堂着。
    洞川温泉に下山して宿泊。
9日は、関西名所を旅しながら小浜に帰る

という行程です。

9日は、大きな社寺や西国三十三箇所、話題のスポットを巡るのですが
まあ、若狭坊は大峰が終われば特別興味なく、飲むのがメインでした(笑)

今年はどうなるかな?

話題といえば、NHKドラマ系だな。「真田丸」とか。

museum002.jpg

九度町に真田ミュージアムが開館するそうだから、
高野山とセットにすれば1日バッチリだな。
十数年、若峰講に参加しているけど高野山には行ってないし。
講として過去にはたぶん行っているだろうけど。

ちょっと遅れたけどマッサンもいいかな?

yjimageFJKDV50C.jpg

サントリーの山崎蒸留所を見学して一杯やりたい!!
最近の9日の行程では酒蔵見学も多いから。
長岡京市にはサントリーの京都工場もあるからモルツをグビグビもいい!!
まあ、飲むだけでなく近くには三十三箇所の善峯寺、穴生寺もある。
穴生寺は若狭坊の記憶では5年強前に行った記憶はあるな。
ともかく、帰り道として行程は組みやすい。
京都縦貫道から舞若道を通れば、あっという間に小浜に着くからね。


そうそう。
いつも帰りに、吉野路大淀の道の駅にわざわざ寄って
大量に「あら川の桃」を積み込むけど。

momotarou.jpg

それくらいだったら、紀の川の農産直売所(JA紀の里めっけもん市場)に行くのもいいか?
HPで見ると桃の品揃えは間違いないだろうし、関西最大級の直売所みたいだし。

五条から京奈和道ですぐ。
大淀による手間を省けば、前に書いた九度や高野山とのセットもあり。
結構楽しめる旅になる。
三十三箇所の二番の紀三井寺や三番の粉河寺とセットも考えられるな。
紀三井寺や粉河寺も行っているだろうけど、若狭坊の記憶にはないから。

旬の施設といえば、今年オープンする「京都鉄道博物館」だ。
京都の社寺とセットにして旅程を組むこともできる。

懸案事項といえば、やはり近江飯道山へのお参り。
でも、これはやっぱり別日程だな。
7日、8日と鞭打った体に、さらなる山上参りはしんどい。

と、まあ、1時間ほど妄想したらいくつか案が出てきた。
講元さんに提案してみよう。

連続して参加している講員は「山参り」が目的だからいいのですが、
はじめての人には、「こんな所にも行く」という具体的提案があった
方が来やすいこともある。

2泊3日の温泉旅行+未知の体験と考えたら、40,000円は安い。
何より、「修行」という重みを軽減して来易くなるかもしれない。

人の旅行の目的はさまざまだから、ミステリーな部分と具体的な
部分をうまく示す旅行計画って大切ですね。

今年も7月7日(木)~9日(土)
数年ウィークデー日程でしたが、今年は土曜日が入ります。
帰ってきて日曜日にゆっくりできる良い年回りとなっています。

多くの方にご参加いただきたいですね。

翌日曜日は参議院選挙になりそうで、
若狭坊はたぶんゆっくりできませんが。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
640位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
99位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR