会議のメンバー

うろこ雲がきれいな朝の空です。
ウォーキングもここちよい季節となりました。

さて、仕事柄会議を主催することが多いのですが、
まあ、その内容によりメンバーや進め方を選択しています。

仕事柄、各種団体長あるいは団体推薦という構成が多いのですが・・・
最近は、極力団体推薦していただけるキーマンを先にピックアップします。

10年ほど前から事業を主担当するようになってからは、
専門的、あるいは政策的に大事な仕事は、キーマンを数人しぼって
事前レクやら何やらで、会議自体がスムーズにいくようにするという
ちょっといやらしい方法をとっていました。

でも、これを上手にしすぎると形だけの会議が見え見えになり
参加者のモチベーションがあがらないんですよね。

ちょっと前からは、「考えが近い仲間」を集め、わきあいあい
ゆるく会議をして、大きな枠をきめてキーマンと実行していく
というような会議が多くなりました。
まちづくり系では、この進め方がしっくりいきます。

ただ、事業の位置づけみたいなものは、キーマンだけしか
共有できなくなって、尻すぼみになることもあります。

今年、若狭坊が主催している会議はちょっとチャレンジ。

さまざまな思いをもっている、そしてこれまで実行してきた
野武士軍団を集めてみました。
まあ、言いたいこと言われます(笑)

でも、それぞれに的を得ています。

だれかが、キーになる発言をしてまとめようとしてくれます。
奇抜な発言にはブレーキをかけようとする人もいます。

言ったからには一緒にやろう!と声がけもしていただけます。

まあ、野武士軍団だけど、いままで御一緒させていただいた
ことが多いだけに

「おまえら事務局が勝手にやれよ!」

じゃない方向に向かいます。

ありがたいことです。
やっぱり、さまざまな活動に出て、幅広くネットワークを持つ。

仕事に一番必要なことだと実感します。
日本文化は独裁ではなく歴史上合議制。

理解と融合で作り上げるという特質をもつのが日本人。

若狭坊は仕事はプロとして自信と誇りをもっているので
このような会議だど「イラッ!」とすることもままあるのです。

若い時は、即時に他人否定発言もしていました(笑)

でも、待ってがまんしていいものにしていく。
事務局はガマンで極力、自己主張をしない(結構つらい(笑))。

これだ!という発言に上乗せして方向性を修正する。
これは本来、意識を共有する議長にしてもらうものだが、
望めない場合は控えめに上乗せする(腹黒いか?)。

大人になったのか?
いやらしくなったのか(^^ゞ

まあ、いずれにしても修行の成果かな?

ただ、野武士は難しいですよ。
力がありますから。

力を最大限に生かされている方は殿様に近くなります。
だから、否定されることを嫌われますし、
違う方向に向かうとモチベーションが一気に下降します。

浪人として地域に密着している方は、そんなことないですが・・・

いいことをしようとする時、
成りあがり実績・人望がある殿も必要(家来に嫌われている人はダメですが)
老若男女と密着した真の力をもつ野武士も必要。

若干イライラ感は抜けませんが、楽しめるようになってきました。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
417位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
67位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR