鯖街道プチウォーク


最近は朝ウォークの多田ヶ岳(若狭の龍)の写真が多かったので

今日は対面の飯盛の峯の夕暮れ。

DSC_1323.jpg

ありがたや☆
龍が登っていました。
不吉でなければいいが・・・
吉とみて南無南無。


週末休となった若狭坊。

毎週何かしら予定があります。
前職の方が、完全水曜休ではなかったけど自分時間あったな・・・

水曜登山ができなくなり、山に登れていません(>_<)

時間がない・・・と言いながら、山に登れる人がうらやましい。



ということで・・・

わずかな時間を割いて、日本遺産の若狭街道を歩きました。

お隣の若狭町の天徳寺から仮屋までの旧街道です。

まずは街道沿いの十善の森古墳を南無南無。

DSC_1314.jpg

古くは街道を行く大王や半島の人々が、この古墳を眺めたのだろう。
中国製の鏡や半島系の冠や履、轡などが出土している。

いまは街道松が新たに植えられ景観も意識している。

少し歩くと・・・

DSC_1315.jpg

花崗岩製の「若狭道」の道しるべ。

いくつかの遺物が、いまも現位置を保っています。

街道沿いには、大木と地蔵堂、神社参道の常夜灯がセットになっていたりします。

DSC_1316.jpg

住んでいると当たり前なのですが・・・
歩くと旧街道の遺産はいっぱい発見できます。

暇をみつけて、歩かないと・・・
1時間強のウォーキングでしたがリフレッシュできました。
雑念はいっぱいありましたが(;一_一)

なにはともあれ、歴史の発見は「歩くこと」に始まります♪

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
461位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
70位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR