御嶽山を想い


御嶽山の噴火から4か月・・・

復興・風評被害からの脱却を願い木曽の商品を購入した。

酒・・・ですけど☆

DSC_1050.jpg

低精白純米酒の「中乗さん」

名前の由来は木曽節にある「木曽のなぁ~、なかのりさん」ですね。

これは木曽川を下る川船の「中乗り」でまず間違いないのでしょうが。

一説には木曽御嶽修験の「中座」という神託をつげる人という説もある。

だから・・・若狭坊・・・・買っちゃいました。


もうひとつ惹かれたのが地元酒米での「低精白純米」というところ。

この間、「若杯者」を飲んで、低精白の雑味なんだろな?
でも本来の酒ってこんなんだろうな?

と思ったので飲み比べしたかったのです。

結果。

この「中乗りさん」美味しいです。
やっぱり「若杯者」とは比べ物にならない(^^ゞ

そもそも若狭坊は吟醸香を好まないので純米酒主体なのですが。
「中乗さん」はいいお酒です。

雑味じゃなく、しっかりディープな酒の旨みが最初から来る。

若杯者の道険し!
でも、それはそれで・・・楽しく造っていければいいのかな?

新しい酒つくっちゃうか(笑)
若者が旨いというものを。

なにはともあれ!

御嶽の怒りが静まるよう願いを込めて勤行し、
美味しくいただきました。

日本酒は本当に奥が深いですね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
417位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
67位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR