今日も醤油干♪


我が家の周りも紅葉真っ盛り♪

DSC_0967.jpg

この立山(舘山)は、中世若狭守護武田氏の外交官でもあった
寺井氏が居城としていた山です。

きれいでしょ。

見渡す里山全体が紅葉というのは意外と少なかったりします。
近代の杉・桧の植林の影響です。

6月に無くなった祖母が言っていました。

「この山の木を切るとおじいさんが切るなといって出てくると・・・」

なにかあった山ということを伝えています。
伝説や昔話はこのように伝承していきます。
なにかしらの意味を読み解くと面白いですね。


さて・・・今日も「醤油干」

DSC_0970.jpg

鯖の醤油干を七輪で焼いて京都からの観光ツアーの皆さまをお迎えしました。

モニターツアーということで、小浜の川崎地区において

魚を見て、捌いて、調理して、食べるという一連のツーリズムを試行し、
モニターアンケートによって、これからの観光につなげようというものです。

京都の方は「鯖街道」つながりで若狭小浜といえば「鯖」という思いがつよい。

多くの方が「浜焼き鯖」をご購入していかれました。

隠れ名産「醤油干し」を売り出すつもりだったのに(笑)

でもそれだけ「焼き鯖」が珍重されているということ。

その行動だけでも良いモニターがとれました。


スポンサーサイト

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
776位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
111位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR