若狭小浜の鯖を求めて

水曜日です。
定休日です。

出張です(T_T)/~~~

でも京都。京は遠ても十八里です。

朝はゆっくり風呂読書。

DSC_0943.jpg

まちづくり・地域づくり新書を読んでいます(笑)

古いものから、今年のベストセラーまで色々☆

なんていうか・・・
同調することが多い本たちなのですが
いま自分に何ができているか?
することができる仕事場ですが出来ない縛りも多い仕事場。

できることからコツコツ。
仲間とともに・・・
これしかないですね☆

日本人は外来の文化が入ってくると流されますが、
いつの間にかそれを融合させて日本らしいものを作り上げる。

日本はその過渡期にいるのだと思います。

だからこそやるべきことは多い。
がんばろう。

さて、今日は若狭の鯖を求めて京都に行きました。

まずは錦市場でリサーチ☆

DSC_0945.jpg

若狭一汐の「津の弥」さんでご主人と談笑しながら写真撮影。

ぐじ・かます・あじの干物、焼き鯖が並んでいました♪


その後、四条烏丸近くの「杉本家住宅」を訪問。

DSC_0947.jpg

重要文化財でございます。

今日はこちらで、代々伝わる「歳中覚」の撮影と、
祇園祭のときに縁者に配られる赤飯と鯖寿司のレプリカ型取りです。

江戸時代の歳中覚には祇園祭の時に縁者に塩鯖を配ったことが記されていました。
またハレの食の焼き物として「若狭小鯛」も記されています。

ニシンの昆布巻きも登場していました。

いずれも若狭小浜からもたらされたものでしょう。

京の食文化に若狭小浜が深く関わっていたことを示す大切な資料です。

お世話になった杉本様は、当家財団法人の常務理事兼事務局長。
かつ、料理研究家としてご活躍されています。

走り庭のおくどさん前でレプリカ用の料理をお世話になりました。

DSC_0951.jpg

素敵なネットワークの始まりです。
お忙しい中をたくさん興味深いお話をいただきました。
食文化館の展示の大きな花になります♪


最後は、鯖寿司もいただきました。

DSC_0955.jpg

ごちそうさまでした。

休日出張でしたが、百歩前進ですね。


スポンサーサイト

テーマ : 京都
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
670位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
102位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR