近江の山の寺へ・・・

う~ん。
年齢でいけば今が一番仕事がつらい時期なのだろうか??

一人もがいています。

癒し① 中学生の魚さばき体験をみる保育園児!(^^)!

DSC_0818.jpg

癒し② 小浜湾に沈む夕日☆

DSC_0793.jpg

他に癒しなし(笑)
癒しを求めても・・・返事なし(^^ゞ

心は自分で落ち着けなければ・・・・

それに・・・

癒しは与えるもので求めるものでない

癒しをいただきましょう神仏のおわす山から

ということで、山登りを兼ねて近江山の寺へ・・・

まずは、西国札所三十一番 長命寺へ

DSC_0820.jpg

武内宿禰が長寿を祈ったというお寺。
長命ですから。
そして聖徳太子の開基を伝えます。

中世末再興の本堂、三重塔が威厳を誇っています。
中世文書がたくさんあるので有名です。

DSC_0819.jpg

こけらの葺き替えがきれいでした。

本堂・三重塔・三仏堂、護法権現社と南無南無。

最後は六所権現影向石と太郎坊権現社を修験者として南無~。

琵琶湖を望み深呼吸して駆けおりました。


次に、西国札所三十二番 観音正寺へ

観音寺山(衣蓋山)を登る登る♫

汗が噴き出す噴き出す(笑)

佐々木六角氏の観音寺山城を登ったことは数知れずですが・・・
観音正寺の正式なお参りは初めてだったりする(笑)

DSC_0823.jpg

先達に導かれて、多くの参拝者がいっらっしゃってました。
むむぅ~と思いながら勤行を聞いてました。
いろいろありますからね。
お参りはかたちではなく気持ちが大切☆

DSC_0824.jpg

最後は長命寺と同じように下界を望んで深呼吸です。

遠くに近江富士、飯道山という信仰の山を遥拝します。

近江といえば山の寺です。
有志で山の寺研究が進んでいます。
どうしても形式論、歴史論が主体になり、信仰論がおそろかになるのが問題ですが・・・

最後は、多賀SAで消滅した敏満寺に思いをはせ・・・
多賀大社名産の「糸切餅」を購入して帰路についたのでした。

名神ー北陸道ー舞若道を乗り継いでの贅沢な帰路(^^ゞ

祖母の冥福を祈る三十三か所参りはまだまだ続く。
一周忌までに満願できるのだろうか???


スポンサーサイト

テーマ : 神社仏閣
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
466位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
75位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR