三十三間山登拝

水曜休日!

仕事が山積みだが・・・
このままでは倒れてしまう・・・

ということで山行決定(笑)

三十三間山です☆

DSC_0763.jpg

京都三十三間堂の棟木を出した山というのがいわれ。
今日の思いは都です。

結構お手軽な山で、そんな急登もなく道もよく2時間程度で山頂に着く。

ということで今回は若干ウェイトを背負ってトレーニング☆

これが後で悲劇を生む。

1時間強で山頂近くの風神様到着。南無南無。

DSC_0765.jpg

天保3年の無縫塔。

正面「奉納一石一禮理趣分経千座供養」

左「国家安全悪風退散 衆病悉除如意吉祥」

右「天保三壬辰霜月吉□ □□住佛山敬白」

理趣経できないので般若心経とともに祈ります。


すぐに三十三間山名物の広場に到着。

DSC_0770.jpg

ここで初めての大休止。

まずは西方に「多田」「飯盛」「青葉」を遥拝南無南無。

DSC_0772.jpg

南に武奈ヶ岳を遥拝。

DSC_0769.jpg

雲海に浮かんでいる・・・

今日はあっちだったな(#^.^#)

まあいい。

気をとりなおして、山頂に向かうか、戻るか悩む。
南無南無が終わったのでピークにあまり興味がない。
早く降りて仕事にも向かいたいし。

でも、杉林のつまらない登山道を戻るのはつまらない。

それに・・・

闇見神社からの近江古道にとっても興味が・・・

DSC_0776.jpg

これは少しでもたどるべきでしょ。地図ないけど・・・

ということでまずはトップで「男気」をみせて撮影☆

DSC_0774.jpg

そして通過してブナの素敵な尾根林をいく。

いやあ~来てよかったあ~。

でも・・・

北の方に降りる道が一向にわからない。


まあいいや。でGPS見ながら藪漕ぎ決定。

これが・・・

あやまちで・・・

ガヤ林に手こずり。

ウェイトにやられてしりもちすること十数回(ー_ー)!!

ひざをひねる(ー_ー)!!

最後は親子グマに遭遇(ー_ー)!!
しばらく見つめあう。
たぶん人生の中で最短距離での遭遇&見つめあい。

なんとか先に退散してくれた。
よかった。

結局、上野の奥の林道に息絶え絶えで到着。

闇見神社で南無南無して駐車場に戻る。

みなさん。
基本中の基本ですが、山は登山道を。地図は必携で。


午後からは職場のパンフレットを湖西から湖北の道の駅へ設置してもらうよう営業。

休みなのか休みじゃないのか(^^ゞ

なかなか休まりません・・・


スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
820位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
118位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR