松上げと柱松



8月23日♫

若狭小浜の南川沿いで伝統行事の松上げが行われました。

何度も何度も☆

毎年毎年☆

ブログで紹介していますが、

若狭坊の家の横でも行われます(笑)

DSC_0723.jpg

若狭から京都愛宕神社までの街道沿いには松上げ行事が密集しており、

通称「松上げ」の道とも言われます。



ところで、

若狭から紀伊山地までの信仰の道。

こちらも何度もブログで紹介していますが・・・


先日の南無南無な旅で、「柱松」という行事が南紀に密集していることを初めて知った。
那智の火祭りは有名なので知っていたが・・・

まだまだ勉強不足です。

若狭から鞍馬を経て奈良、紀伊には特徴的な火祭りが多い。

そして・・・「松上げ」と「柱松」

いまでこそ両行事とも、送り火・五穀豊穣・息災・火伏など、
さまざまな目的をもつ行事に変化していますが。


古代からの信仰だとすれば・・・

興味深々です。


スポンサーサイト

テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
686位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
103位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR