絵図は語る

若狭坊の専門は都市史であることは「知る人ぞ知る」です(笑)

文書や考古学、絵図、伝承、現況地形をトータルして古地形復元するのです。

結構論文は書籍として発表されています。
来年には「中世北陸の港町」も刊行予定です。


ということで、食文化館にある江戸時代の屏風絵から・・・
ちなみに、この絵図は今年度のリニューアルで無くなる。
ちょっとさみしいです。

まずは港町。

小浜の中世の湊の位置は、江戸時代の絵図、地名、現況地形に良く出ています。

こちらは、小浜でも古い西津の湊。

nisizu.jpg

いま、水取という区になっている地区は川が蛇行した入江跡の水田。

ここが、鎌倉時代から南北朝時代まで、若狭の中心湊だったところです。

内陸に大湊・小湊という地名を残していますが、このラグーン沿いなのです。

この地域。大雨時に水がつく。当たり前のことです。


つぎに発達するのが青井湊。

aoi.jpg

ここも水田跡となっているところが湊跡。
いまもこの奥に大神宮船留岩という史跡がある。


そして、小浜が最大に発展するきっかけとなったのが津田入江。

tuda.jpg

南川の蛇行により河口に形成されたラグーン。
ここは江戸時代まで湿地、そして津田入江として伝承されてきた。

これに付随して、八幡神社が創建(遷宮)され、○○小路という町を作りだした。
小路名をもつ区は、室町時代にできた湊に接した商家群です。

絵図のラグーンに沿って歩くと今でも地形の高低がわかります。
地名から、地域の特徴もわかってきます。

小浜は北前船などで江戸時代が大きな港町と思われがちですが・・・

実は中世がもっともすごい国際港湾都市。

いまでいう神戸や横浜のような存在でした。


山にいきましょう!

tada.jpg

多田ヶ岳です☆
信仰としてのシンボル山。
かっこいいです。

ん??

山麓の龍前と中の宮の間の山頂に宮が・・・

minaduki.jpg

水無月社だって。
いまないやん。これは踏査しなければ。

そして・・・

iimori.jpg

八ヶ峯ってありますが、たぶん飯盛山。

この絵図屏風、ほぼ完ぺきに村名を記載していますが、
この山に隠れて「窪谷村」が記載されていない(^^ゞ

隠れ里なのだろうか(笑)

ちなみに山の名は、高くてシンボリックなものは「嶽」
次に高い山や往来のあるところは「峯」
低山は「山」

となっています。

他にもおもしろいものが一杯あって。

羽賀寺前の江古川に「観音出現所」

kannnon.jpg

これは興味ありますね。


加斗の勢村には「船小屋」と「水車」

suisya.jpg

水車って何してたんやろ??


南川の「川船」

kawafune.jpg

先頭に船頭、中乗り二人、とものり一人。

思ったより大きい。
若狭瓦だけでなく、いろいろなものが運ばれていたのでしょう。

いやぁ~じっくり見るとおもしろい。

見られるのは今年いっぱいです。

食文化館でお待ちしています。

スポンサーサイト

テーマ : 絵画
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
670位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
102位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR