朝の前行

大峯詣りを1カ月前に控え・・・

若狭坊の朝勤行も力が入っています。

て言っても45分ほど歩くだけなんだよ~(笑)

でも、2カ月強で

45分で4500歩から
45分で6000歩にバージョンアップしています!(^^)!

だんだん足が速くなっていくのです(笑)

でも歩くだけでなく、合間には山を遥拝したり社寺をおまいりしたりします。

DSC_0507.jpg

気になるものをカメラで撮影したりしています。

体力増強・新しい発見・お参り。

すべてを含めて大峯への「前行」です。



修験道は・・・

自らを自然の中におき、自ら修するに意味があります。
神仏のおわす山て・・・

「修行は難苦をもって第一とす」
「身の苦によって心乱れざれば証果自ずから至る」

と役行者さまも言われています。



でもね・・・

仏道に邁進するものでもないです。

1300年前の開祖、役行者さまより現在まで、在家主義が基本。
お坊さんじゃなくてもいいのです。

自然に守られた日本で普通に生活する。
普通とは何かを考えながら。
さまざまな身の苦しみと闘いながら、自ら修する。

これが修験道でいわれる

「山の行より里の行」


山での修行より、里の行は苦しく意味がある。

DSC_0518.jpg

そう思いながら朝の空気に力をもらい一日を乗り切っています。

だから・・・

はやく・・・

山に行きたい!!

山の行も苦しいのだけれどね(^^ゞ


おそらく日本人に生まれた人。

登山愛好家もトレイルランナーも意識の差はあれ

隠れ修験者だと若狭坊は思っています。


でも若狭坊たるもの。

決して山へは逃げてはいけない・・・と言い聞かせています。

修験道の根本修行ですからね☆


若峰講の大峯詣り(蓮華奉献入峯)

まだまだ修行者・出仕者募集中です。

自分に「何か」ひとつ目的をもってもらえれば・・・

旅行気分で大丈夫!!!です(^^)/

行程はこちら  ⇒ 本年の入峰案内">本年の入峰案内



スポンサーサイト

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
660位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
97位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR