本年の入峰案内


若狭坊さんは新興宗教に入られているのですか?

といわれショックを受けた若狭坊です(^^ゞ

どうやら〇〇修験道場と書かれた新興宗教の建物を見られたらしく・・・

ち・が・う・し(笑)

や・ま・ぶ・し やし(笑)

まぁ絶滅危惧種やしショウガナイね(*_*;

NCM_1397.jpg

さてさて・・・

先日、若峰講の講元先達会議があり、今年の行程が確認されました。

大峯山詣りといった方がわかりやすいでしょうね☆
「若狭の男、一度は大峯詣り」と言われていました。
各地には今でも行者講が残るところもありますから。

でも、近年の天川村洞川ピストン参詣ではなく、吉野から上がります。
世界遺産の大峯奥駆道を行くのです。

それに奈良県指定無形民俗文化財に若狭の衆として大きな役割を果たします。
金峯山寺の蓮華会(蓮華奉献入峯)です。

DSC00447.jpg

 くわしくは指定説明書を☆ ⇒ こちら

古くからの奈良と小浜のつながりに由縁があるかも??しれません。

小さなコミュニティの講ではなく、若狭国を代表した「講」です。

主な構成員は小浜から若狭町西部の方々。

広く門戸を開いています。

多くの方に参加いただき、ニッポンを感じてもらえたら・・・と思います。
普通に生活していたら見えない未知の体験。
若狭坊は多くの方に、山の神仏に触れていただきたいな!と願っています。

深く考えずに、ちょっと世間を離れてみたいな!
と思ったら
「男」になりたい!
と思ったら

参加すべし(笑)

〇〇教、〇〇宗を信仰しているから・・・なんて関係なし。

宗教に興味なくてもぜんぜんOK☆
もちろん信仰を強要するなんて一切なし(笑)

体力自慢の方は体力確認でもOK☆☆

洞川から登ったことあるからいいや!は、なし(笑)
まったく違う体験ができることを保証いたします。


【日 程】 平成26年7月7日(月)~9日(水) 二泊三日
【参加費】 40,000円程度
【行 程】 
  7月7日(月)
   5:00~   市内各地から貸し切りバス乗り合わせ
  11:00過ぎ  奈良県吉野山 桜本坊着 各自昼食
  13:00     金峯山寺本坊で着替え
            (吉野ケーブル駅まで御輿を下ろします)
  15:00     蓮華会行列スタート
            (蓮華御輿と蓮華桶を蔵王堂へ奉献します)
  15:30~    蛙飛び行事・採灯大護摩供
            (蛙になった男をもとに戻す奇祭です)
  17:00     参籠所において夕食直会
  19:00     宿坊の桜本坊
            (住職により道中安全護摩が修法されます)
  21:00すぎ  就寝

7月8日(火)
   3:00    起床・朝食
   4:00    山上蔵王堂(大峯山寺)へ向け出立。  
           (各拝所で勤行しながらの隊列練行)
   6:00頃  吉野水分神社
   6:45頃  金峯神社
   7:45頃  旧道取りつきで弁当休憩
           (新茶屋跡、足摺宿などを通過)
   10:30頃 百丁二蔵宿で休憩
   11:00頃 大天井ヶ岳巻き道で弁当休憩
           (五番関・鍋冠行者堂、蛇腹など通過)
   13:00頃 洞辻茶屋で休憩
           (新客は鐘懸岩、西の覗きなど修行)
   15:00頃 山上桜本坊着
   16:00頃 山上蔵王堂勤行・採灯大護摩供
   17:00頃 下山開始
   19:00頃 洞川温泉 西清旅館着
           (精進落としの懇親会)

7月9日(水)
    8:00  旅館出発
          長谷寺または室生寺または安倍文殊堂参詣
          その後、西日本最大級の道の駅 針テラスへ
    夕方  小浜着

◆ 携行品
   リュック・着替え・洗面用具・ステテコ・白地下足袋・かっぱなど雨具・
   米五合、数珠・甘味品など

◆ その他
   山行の服装は登山に適したものでOKですが、講鉢巻を巻いてもらいます。
   また、白衣・白地下足袋・数珠・金剛杖・桧笠などは現地調達可能です。
  
ぜひ・・・ ぜひ・・・ ぜひ・・・

お待ちしております♪
ブログにメッセージいただければ、案内をお届けします。


若狭にお住まいでない方へ。

蓮華会の入峯は一般にも開かれています。
若峰講とは違う護持院の東南院宿泊となります。

金峯山寺で受付しておりますので下記からお入りください。

金峯山寺HP ⇒ 大峯修行体験




スポンサーサイト

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
386位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
63位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR