若狭瓦の里保存会

わたしの住む地域は、伝統産業である若狭瓦の産地!(だった)。

昨年、最後の職人が廃業したので過去形。

でもいくつかの工房などが現存しており、その歴史をいかした
まちづくりができないか?と昨年から保存会について議論され
ている。

今日は3回目の会議。

なかなか紆余曲折だが、まちづくりのすばらしい歴史。
活かしていければよいなぁ。

まずは地域の公民館まつりで展示ブースを運営して、地域の
盛り上がりを図ることで一致した。

いまでも小浜の伝統的民家の屋根は若狭瓦。

古くは小樽まで運ばれた若狭瓦。

小浜西組の重伝建地区でも修理に使いたくても使えない若狭瓦。

何とか歴史と現状を知ってもらいたい。
そこから新しいまちづくりが生まれるかもしれないから。

産業としての再構築は難しいかもしれないが・・・・。

コスト削減と大量生産からなくなっていく日本の伝統。

いいものは残っていく生活が作れればいいですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
547位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
83位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR