好天の和久里壬生狂言


多田ヶ岳の朝☆

DSC_0369.jpg

飯盛山の夕暮れ☆

DSC_0384.jpg

小浜を代表する霊山に囲まれ
いつもパワーをいただいています。

南無南無。


さて、6年に一度の国選択無形民俗文化財

「和久里壬生狂言」

上演中です♪


でも行かせてもらえません((+_+))
お客様やら日々事務やら。
しょうがない。

同僚学芸員がしっかり「伝統行事と食」を切り口に調査してくれています。


市の塔と呼ばれる南北朝時代造立宝篋印塔の法会。

DSC_2206.jpg

今日は施餓鬼、大般若転読、宝塔縁起奉読。


塔のご出身地の永三小路も・・・

140412_141956.jpg

小浜の「市」の守護をしていた塔ですから。
若狭坊の友 永三坊さまもご出仕、来賓。

塔前では、すばらしい小屋組みで壬生狂言が上演されています。

DSC_2221.jpg

13日(日)が最終日です。
次回上演は7年後。
まだ、間に合いますよ。

13日の予定は
 10:00~ 寺大黒
 10:30~ 座頭の川渡り
 11:00~ 花盗人
 13:30~ 愛宕詣り
 14:00~ 腰祈り
 14:30~ 焙烙割り
  (宝塔縁起奉読)
 15:30~ 狐釣り
 16:00~ とろろすべり
 16:30~ 餓鬼角力

スポンサーサイト

テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
658位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
101位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR