若狭歴史博物館


最近の晩酌のお供は、若狭わかめの茎。

お酒が進む若狭坊です。

地域づくり、若峰講でお世話になっている人生の師匠に
たくさんの生わかめをいただいたのです。

旬を食して病を防ぐ。
日本食文化の根本です。



さて、着々と進んでいます。

小浜市にある福井県立若狭歴史民俗資料館のリニューアル。

今年の7月に

「若狭歴史博物館」

として生まれ変わります。

1959816_501578569952738_1014537236_n.jpg


若狭坊にとっても愛着ある施設です。

学生のとき、職場でも。
情報交換のため、学芸室や資料室に入り浸っていました。
若狭で歴史文化に携わる職員や研究者の憩いの場でした。

ここ数年はほとんど顔出していませんが・・・
それぞれ職に追われ余裕がないんですよね。

ダメな事です。
情報交換・懇親ほど大切なものはないのにね☆

オープンから30年余り。
もともと鳥浜貝塚出土品と民俗資料メインの館でしたが・・・

大きく生まれ変わるようです。

若狭を特徴づける「仏像」や「祭り」が主体。
時代的には中近世が中心となるようです。

昔ながらの博物館からどのように脱却するのか・・・

楽しみです♪




スポンサーサイト

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
466位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
75位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR