こだわりの酒☆「田村のめぐみ」


ついに手元に届きました。

「田村のめぐみ」

DSC_0303.jpg

田村のゆめづくり委員会 謹製の寒仕込み生酒です♪

小浜のまちむらづくりでは多くの地域コミュニティ「日本酒」が開発されました。

今富地区の「岳颪」
雲浜地区の「百伝ふ」
遠敷地区の「鵜の瀬」
宮川地区の「華の郷」

などなど。

そして満を持して登場したのが中名田地区の「田村のめぐみ」です。

米は寒暖の差があり、清流沿いの中山間地区で栽培された地元の米。
水は田村川の源流「亀が淵」から採水された清らかな水。
ラベルは地域の(小浜の)伝統産業である若狭和紙で仕上がっています。

とにかく「地元」にこだわっています。
素晴らしい「村づくり」ですよね♪

ちなみにラベルの揮毫は若狭坊の大親友でございます(^^)

DSC_0304.jpg

しばらく晩酌のおともです☆
ありがたいことに酒粕までいただきました(^_^)/~

でも・・・

DSC_0305.jpg

出ました・・・酔う酒(笑)

家呑みなので、ちびちび楽しみますか♪

地域のパワーもそうですが、
このようなまちづくりに協力いただける地元の蔵があることがありがたい。

「和食」がユネスコ無形文化遺産となる中、
酒は大きな位置を占めています。

いつまでも地域の酒で
地域の神仏に感謝し、
神仏と共に飲み、
コミュニティーの団結を図りたいですね。

ちなみに、食文化館ではラベルとなった若狭和紙の体験メニューが豊富です。

kamisuki.jpg

ぜひお越しくださいませ。



そして、「田村のめぐみ」を味わいたい方は・・・

中名田公民館(℡ 0770・59・0820)までお問い合わせを♪


スポンサーサイト

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
658位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
101位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR