牡蠣づくし

朝・・・
ズボンのチャックが空きっぱなしだった若狭坊です(T_T)

大丈夫!!!

人と遭遇する前に気付いたから(笑)


さて、若狭の冬の味覚といえば・・・

たくさんあります。

最近底引網では、ノドグロなどの赤い魚がたくさん水揚げされています。



若狭坊が冬を感じる食材の1つに牡蠣があります。


山からの栄養分豊かな水が流れ込む地域は牡蠣の養殖に適しています。

海の幸でもあり山の幸でもあるのです。


カキと人間の関係は深いですよ~。

生食文化のない西洋でも古くから生で食べられていた身近な食材だし。

日本では一説には、室町時代から養殖があったといいます。

それに殻は建築資材や化粧品や肥料などに重宝されましたし。

江戸時代には防火対策として屋根に殻を敷くなんてことも奨励されました。



自然と共存。無駄のない生活サイクル。

今の時代でも「歴史」から見習うことは多くあります。



今日のお昼は「濱の四季」の

カキフライ定食。

1387509145412.jpg


おいしかったです。


今晩は民宿忘年会なので、「フグ」のお供に「カキ」でしょう(笑)


さあ、クリスマスですね。

1386922382318.jpg


異国の神仏にもお祈りできる心豊かな日本人に生まれて幸せです。




スポンサーサイト

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
705位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
109位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR