町家de祝言@小浜西組

上中くん、悦っちゃん

おめでとう☆☆☆☆

DSC_0110.jpg

上中くんはJC活動の中からお話させていただけるようになった友人。
特に三丁町の町家を使った活動への馬力はすごかった。

えっちゃんは、小浜に夢を持ってやってきた学芸員。

食文化館開館時に一緒に仕事をしてからのつきあい☆
段取りのみで「後はまかした!!」みたいな感じだったから、かなり苦労したと思う。


そういう二人のめぐりあわせ。

本当におめでとう。



で・・・

今回は実行委員会により花嫁行列が仕立てられ、多くの住民の方々のお祝いが。
よかったです。

地域のことを考え地域活性をみる二人の祝言にふさわしいかな?


花嫁行列は地域が迎え入れる1つの行事だからね。

DSC_0109.jpg


でも実質はイベントじゃないから、このあたり注意しないと実行委員会のマスターベーションにもなる。西組の活性化委員会は頭のいい人ばかりだからそんなことはないが・・・。


行列の中に長持ちが歩く。
凝ってますよね。どこに輿入れするねん!って笑いましたが。

にらみ鯛と台引蒲鉾が後に続く(苦笑)

DSC_0108.jpg

慶事の台引・・・少なくなりました。
知ってもらうには良かったですね。
「おしもん」もあると良かったな。

ただ・・・歩かんでいいけど(笑)

市長が挨拶して鏡開き(笑)

ふるまい酒には昆布とするめがあると良かったな☆


宴は各部屋に別れて・・・

でも「四海波」が出たり、大盃が回ったりで素敵でしたよ。


いろいろ、お年寄りに聞いて、昔の結婚式を復活させるといいね。
地域づくりは老若男女、いろんな人が関わりあって成立するから。


全体に波及していかないと町がしんじゃう。
みんな危機感もって活動されています。



終宴真近・・・

次の飲み会があるため早々に退散。

DSC_0120.jpg

灯りのある町並みはやっぱりステキです。

ベンガラ格子が灯る町・・・

が、小浜西組活性化のテーマでした。


こういうイベントで少しづつ力をつけて行くのですよね。
面白くやらないと、まちづくりの仲間は増えないから。
かなり力を入れないと「灯」はどんどん消えて行くとおもう・・・

「理屈」もいいけど・・・「行動」が大切ですからね。

もっともっと住民もそうだし、外部の力もそうだし「西組活性化」に携わってもらいたいものです。

派手にやることも大切なら、地域に密着してやることも大切☆
この両輪です。

終わりに・・・会場の「酔月」前の観音さまを南無南無。


DSC_0116.jpg

灯りがともりますように・・・


スポンサーサイト

テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
609位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
88位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR