小浜のお酒

若狭坊は日本酒で乾杯推進協議会員です(笑)

日本酒をこよなく愛しています!!!

地域づくりを考える時。
地場産のものや歴史に誇りをもつことが第一ステップ。

という流れで、小浜には地域づくりから派生したお酒がたくさんあります。
理解のある蔵元があるからですね☆

まずは
「岳颪(やまおろし)」

20121223_2763038.jpg

今富地区の方が五百万石を栽培して地元の蔵元で仕込まれています。
若狭坊が愛する多田ヶ岳からの風により作られているのです。
なかなかのものです。


「百伝ふ(ももつたう)」

sake-10210-m.jpg

雲浜地区一番町に湧出する名水百選の雲城水を使っています。
森林源から地下水となり100年かけて湧き出す清らから水。
おいしいですよ。


「鵜の瀬(うのせ)」

20130217-481014-1-N.jpg

遠敷の清らかな水、奈良までとどく聖なる水をイメージ。
3月2日のお水送りの時に、地元まちづくり団体により限定販売されます。


「華の郷」

(本年から・まだ画像なし・味見なし(T_T))

宮川地区のまちづくりは華。
美しいお酒を連想させます。
でも、酒のみがあつまり、地場産の酒をブレンドして味を作っているという
地域でもめずらしい取り組み。今年は酒米も生産するみたい・・・


そしてプロジェクト中のものもありますよ。

中名田地区は、酒米・水・ラベルとすべてに地域特産を用いるというこだわり
で本年製造されるみたい☆
若狭坊のお隣の地区ですから楽しみですね♪

詳細はこちら  ⇒  中名田ブログ係


若狭坊も今年からあるプロジェクトに。

「20歳の酒」

水曜日は2回目の会合(飲み会)です(笑)

こうご期待(^_^)/~

さて、今日は…

某旅館で地域づくりの会合☆
もちろん日本酒を楽しんできます(笑)


スポンサーサイト

テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
417位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
67位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR