今年も蓮華奉献入峯へ

今年も修験の聖地大峰へ…

蓮華奉献入峯まであと一ヶ月♫

若狭坊が一年でもっとも楽しみにしている日が近づいてまいりました。


修験道の開祖である役行者さまは、大峰連山で修行され、古来の自然崇拝と渡来の神仙思想や仏教・道教が混淆した日本らしい信仰形態「修験道」を大成されました。

この修験の聖地と吉野金峯山寺で、毎年七月七日~八日に蓮華会と蓮華奉献入峯が行われます。

「金峯山寺の蓮華会」という名称で奈良県指定無形民俗文化財に指定されています。

行事は役行者さまがお生まれになった時、産湯に使われた奥田の弁天池のハスを吉野から山上蔵王堂までの拝所にお供えする練行です。七日は、金峯山寺蔵王堂まで行列を組んで蓮をお運びします。蓮運びと御輿の大役を若狭若峰講が奉仕させていただきます。すごい経験になります。

その後、全国でも奇祭といわれる「蛙飛び行事」が行われます。

八日未明から山上へ向けて出発。隊列を組んで峰々の拝所に蓮をお供えしながら二四㎞。
かなりツライ練行です。

でも、現在、山上蔵王堂への主道が洞川上りになっている中、古来の由緒ある奥駆道の一部を行く吉野上りは最高の信仰の道です。

俗世間を離れて自然の中で体を追い込み、無の世界へ…
すばらしい体験になると思います。

もちろん、新客(はじめての方)には、著名な「西の覗き」などの貴重な修行体験がつきます。


一度経験されることをおススメします。健康な男性ならOKですよ。


若狭でも「男は一度は大峰参り」といわれてますからね☆


くわしい行程はこちら⇒
若峰講行程


スポンサーサイト

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いつもの薬(ヤク)をお願いします!

Re: No title

例の薬(ヤク)な☆
了解!

っていうか、ひびわれさんも行こうよ(笑)
プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
637位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
98位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR