妙祐寺のしだれ桜

天気のいい週末でした。

日曜日…

二日酔いの体をさますためチャリ走で事務局をつとめている
くぼたん米舞倶楽部の支払い関係をしました。

ちょっと足をのばしてお隣の妙祐寺へ

NCM_1100.jpg

市指定の天然記念物なのですが、ほぼ満開でございます。


この桜。樹齢一四〇年くらい。夜はライトアップされ幽玄な姿を見せます。
もともと真言系の一乗坊という庵があったところらしい。

桜は古くから穀物の神として崇められてきました。
農耕指標になるしね☆

大峯では吉野桜本坊にお世話になるし。
お水送りでは若狭神宮寺桜本坊にお世話になる。

桜とはきっても切れない若狭坊です(*^^)v

五穀豊穣と世の中の平穏を祈り静かに南無南無。

ライトアップもいいけど、やっぱり桜は昼だな。
青空とのコントラストがいちばん綺麗だよ♪

自然の美しさは創り出すものより、そのままのものにあるからかな?

NCM_1101.jpg

花見酒と洒落込みたいけど…
仕事のことを考えるとなかなか(笑)

なお、妙祐寺では毎年恒例のしだれ桜祭りが四月七日(日)に開催されます。
たぶん…その頃には…花はもうないでしょうが(-_-)

土曜にしこたま飲んだので。
夜は休肝日にしたかったのに、新年度の地域の青壮年会の三役会議ということで。
会議もそこそこに飲んでしまった。
焼酎のビール割を(笑)


さて、

今日は、御食国倶楽部の「かにかくに」出版のパーティにいまから出陣です。

ちょっと飲みすぎモードで、わき腹から腰がいたい・・・

よくないな((+_+))
セーブできるかな??

というか五分間スピーチをお願いされていた。
まずい…
会場まで歩く道中で考えよっと(笑)
スポンサーサイト

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
637位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
98位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR