修験の装束

前週末の飲みすぎ体調もようやく回復傾向(^O^)/

今週末も大丈夫(笑)

でも増えすぎた体重を絞っていかないと、お山のシーズンがすぐそこ!
神が怒る冬山の悲しいニュースが連続していますが、山は冬だけでなく
いつでも私たちを受け入れてくれません。
競技登山者であれハイカーであれ愛好者であれ山伏であれ、それぞれ
準備が必要なのです。

山は美しくパワーをいただけるところでもあるし、
さまざまな幸をもたらしていただけるところでもある。
そして、恐ろしいところでもあります。



ところで、最近「どうしたら山伏になれるの?」
と、同じくらい「装束はどこで買うの?」とよく聞かれます。


とりあえず行者装束を整えるのは修業を積んでからの話ですがね。

まずはお山に入っての修業ですから白衣・白地下足袋・念珠・金剛杖程度でいいんです。


手甲脚絆や山袴も修業を重ねて身につけていきましょう。

結袈裟や頭襟は許可を得てからです。


若狭若峯講の御用達は吉野の車田商店です。
吉野に行けば立ち寄りますし、電話注文すれば送っていただけます。

でも・・・というか・・・
HPができていたんだ(゜-゜)知らなかった!!

興味のある方は覗いてみてください。

装束に関するQアンドAや大峯修業マップなどもあります。

修験装束・法具 車田商店


そうそう☆

それと、みなさん吉野に行かれたら、ぜひ勝手神社前「静亭」御利用ください。

柿の葉寿司おいしいですよ☆
テラス席も素敵です☆
若女将も素敵です(*^_^*)

吉野山 静亭


今年は桜のシーズンに一度行きたいな♪♪

蔵王堂の御本尊も、この時期にまた御開帳のようですし。

スポンサーサイト

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
637位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
98位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR