若狭小浜の正月行事四

お正月に初詣。

みなさん何をお願いします??

たぶん「家内安全」や「仕事の成就」ですかね☆



古くから日本人の生活を支えていたのは「農業」や「漁業」。

なので日本に残る正月の祈りはここが中心となるのは当たり前です。
今も生活の根底を支えていることに変わりはありません。


若狭に残る正月行事の一つに
「ツクリゾメ」
があります。

正月のうちに田や畑に神を迎え一年の豊作(神がもたらす気象条件を鎮める)を願います。

内容はさまざまです。


最近調査をし始めて特徴的なのが「牛王紙」を寺や神社から授かり、田畑に立てるというもの。


牛王紙といえば「熊野牛王符」が有名です。
ヤタガラス様が刷りこまれたもの。ご覧になったことないですか?

小浜には多くの熊野神社があります。
密教信仰に篤い小浜では、別当寺が牛王符をだすところが多いです。

まさに神仏習合の里らしい。小浜ならではですね。


修験の系譜を中世以降に取り入れているのです。

多くの行者(山伏)がもたらしたのでしょうね。


若狭坊も多田ヶ岳の南にある遠く吉野・熊野に向け一年の豊作を南無南無しました。


スポンサーサイト

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
705位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
109位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR