琉球の旅【番外編】

旅といえば酒!(笑)

前日のブログで「酒に溺れた旅」は伏せるといいましたが・・・
少しだけ紹介しましょう!


実は神戸で前泊
那覇で一泊だったのですが・・・

前泊で飲みすぎ、肝心の沖縄一日目が二日酔いでした(@_@。
飲み放題で芋焼酎のロックをあおったのが原因だとおもいます。
(実はそのあと居酒屋でもガンガンいったので解りませんが・・・)

沖縄といえばこれ

orion.jpg

そう。
オリオンビール&泡盛!!!


実は・・・若狭坊が最近悪酔いするのは「蒸留酒」です。

焼酎や泡盛は蒸留酒。
一方、日本酒やビール、ワインは醸造酒です。

普通の人は、醸造酒が悪酔いするといいます。
特に日本酒やワインね。
アルコールも含め様々な成分がまじっていますから。
でも甘みやうま味、酸味など奥が深いんですよね。
若狭坊はいつも言うように日本酒党です。

一方、蒸留酒はアルコールの「切れ」が本分にあります。
切れ良い味わいと香りですよ。

一時期、醸造酒であるビールなのに「切れを」もとめた
ビールが流行りましたね。今もかな??
若狭坊にすると味わいもなにもない、ありえないビールです。
肝心のコクと味を台無しにして「切れ」を求めちゃビールじゃなくなるから。

じゃあ、なぜ?蒸留酒で悪酔いするのかな??
若狭坊は特殊???

多分、切れに任せて飲みすぎるだけだと思います(笑)
それに、切れを大切にしたいから
高い度数でも「ロック」オンリーだから・・・

もちろん日本酒党といいながら5合オーバーしていくと二日酔いに入り、
1升いくと確実に翌日は死んでいます。

1升以上も飲みますよ。
でも、そのあたりから口と足にダイレクトでき始めます(苦笑)
二日酔いじゃなく悪酔いというやつですね☆


今回の旅は主役は焼酎と泡盛という蒸留酒。
チェイサーがわりにオリオンビールみたいな感じでした。


ちなみに焼酎や泡盛は中世にタイ方面から入ってきた文化であって、
日本の酒文化は醸造酒の方が古いのでありま~す。


だから若狭坊が蒸留酒で悪酔いするのは

「日本人だから」

ということにしといてください(^_-)-☆

山伏がウィスキーをロックグラスで飲んでたら絵にならないしね☆

日本人の祈りには日本酒たからね!



酔いがまわると

こんな感じや

NEC_0123.jpg

こんな感じに(笑)

NEC_0213.jpg

まぁ朝早く起きて、旅の目的を果たしたのだからえらいもんです(*^_^*)


ちなみに、沖縄の朝も5時半から1時間ばかりテクテク勤行の旅に歩いたんでっせ。
神戸前泊でほぼ燃え尽きており、沖縄そばで軽~くしめて早寝したから。

やるでしょ(^O^)/
(いや、沖縄の夜を完全に楽しまなかったのでもったいない???)

スポンサーサイト

テーマ : 沖縄
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
637位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
98位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR