弁天さんの縁日

弁天さんの縁日は己巳の日。

九月、一一月の己巳の縁日にお参りできなかったので、今日の巳日にお参り勤行しました。

職場をスタートして西津の宗像神社さんで南無南無♪

ここには市指定の船霊さんがいらっしゃいます。
江戸時代に航海の安全を祈り奉納された船舶模型です。

宗像弁天丸

海の守神。小松原の弁天さんならではです。
この弁天さんは創建不詳といわれますが、西津の成立を考えると戦国末から江戸初期かな?

今の地はたぶん鎌倉期には山王さんがいらっしゃって、その後役所があったといわれる三味線堀という地がここだと若狭坊は比定しています。

ここのお祭りは式年七年大祭(七年に一度)と式年上葺遷宮祭(十三年に一度)。

西津七年祭という名称で小浜市指定文化財となっています(たぶん来年には県指定になるでしょう)。

特徴は、船屋台や太刀など若狭西部から丹後にかけてみられる漁村祭礼の形態。

西津七年祭

とはいうものの、神楽や棒振大太鼓という祇園系都市祭礼の出し物もある。

ちなみに、西津は今の小浜よりも先に都市化が進んだ場所で、南北朝期には六月祭の文献も残っています。ただし、津神社(釣姫と玉津島)の祭礼でしょうが・・・。でも、たしかに川西の大太鼓は古そうで、小浜の祇園系祭礼を知る上で重要です。


さあ、

てくてくあちこちの石仏を拝みながら・・・

おっ

これも弁天さん??

IMG_8648.jpg

いやいや八百比丘尼さま。
南無南無。


次は日吉の弁天さん(厳島神社)へGO!

NCM_0560.jpg

小浜では新しい江戸後期の創建。
筑紫国から小浜浜辺の松の大木への漂流降臨伝説がある。
江戸後期の荒れた世情と、海運安全信仰が融合した結果かな?

おん そらそば ていえい そわか♪

最後に常高院さんの守護持仏を常高寺さんで拝みたかったがタイムアウト!

山門から静かに勤行。

太郎のおいしそうなニオイと心の中で格闘し、最後に海のかなたを拝む良い勤行となりました。

IMG_8826.jpg

夕闇の海のグラデーションもいいもんです☆

スポンサーサイト

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 明通寺

来浜ありがとうございます。
奥州と若狭は切っても切れない間柄。
さまざまなつががりがありますね。
今後ともよろしくお願いいたします。
  
  若狭坊 拝
プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
735位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
110位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR