中世都市研放浪記1

9月1日2日に大阪で開催の中世都市研究会へGO!!

時間の都合でリッチにサンダーバードでね(#^.^#)

NCM_0593.jpg

大阪駅で谷町線に乗り換えて四天王寺へ。ここから平野町を北上して大阪城に至る現地見学会です。

四天王寺は聖徳太子の創建で有名ですよね☆
考古学では四天王寺式伽藍で有名です☆☆

西門前の石鳥居(重文)の前で、説明を受けている間に静かに南無南無!

NCM_0594.jpg

石鳥居。基礎の部分は鎌倉時代。連綿と修理され現在に伝えています。
創建当初から完全に残る!!よりも若狭坊はこのような文化財の方が好き(笑)
人の営みを感じるから。

ちなみに、大阪は平地の「水の都」のイメージが強いけど、古くから人が生活した場所は「上町台地」上で、四天王寺や難波宮、大坂城はすべてこの上。

台地の境から下の天王寺方面をみるとこんな感じで坂になっています。

NCM_0597.jpg

さてさて、秀吉がつくった平野町を大坂城にむかって北上!

途中、空堀商店街から、秀吉が造った空堀の痕跡を見る。

NCM_0601.jpg
NCM_0602.jpg

ちょっとした民家の近くに420年前の築城の痕跡が今も残る。

大阪でもこれほど残るんだと、フィールドワークの大切さを再確認です。
自然地形もよく感じとれるし。

ちなみに大きな谷地形があって
「谷ですか?城に関するものですか?」って質問したら

なんと、瓦の土取りの痕跡だという。スケールの違いに驚き!!!


昼まで大阪の中世都市を体感させていただき大汗をかく(笑)

こそっと着替えて、こそっと一人ランチで、こそっと飲む(^O^)/

NCM_0607.jpg

わたしの出番は明日!お許しを~♪


さて、会場に到着し、明日の発表・討論に向け個々の報告にしっかり耳を傾けましたとさっ☆

NCM_0609.jpg

夜は当然懇親会。
いろいろな方と話できてよかったなぁ~。

刺激も受けるしスキルもアップできるし。飲めるし(笑)

早めに帰って翌日に備えましたとさっ。

      
        (放浪記2につづく)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
705位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
109位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR