民俗行事な週末


民俗行事に翻弄?され、2日連続二日酔いな若狭坊です。


17日(金)は奥くぼたんの六斎念仏でした。

長い階段は行灯でライトアップ。

NCM_0519.jpg


境内中央には盆踊り用のプチやぐらもあります。

NCM_0515.jpg


六斎念仏は観音堂で開催。
お盆の先祖のお迎えとちがい、盆の楽しみ的な要素が色濃くなっている。
お盆の13日に行われるのを「みたま」といい、17日のは「十七夜」といわれます。

まずは花笠を被った小学生の一六斎からはじまり、中高生の二六斎につながります。

NCM_0522.jpg


最後はお面をかぶった青年の三六斎。いわゆる変わり踊り。芸能的色彩が強くなっています。

NCM_0536.jpg



終わってしこたま生ビール。

NCM_0517.jpg


翌日は朝から口くぼたんの「松上げ」の準備。

NCM_0538.jpg


そもそもは、準備から本番まで子供の行事でしたが、少子化のため保存会の大人が10年以上お手伝いしています。

松上げは、簡単にいうと火たいまつによる玉入れです。

464.jpg


今日は玉入れのカゴになる竹とわらで編まれる「もうじ」組み。

NCM_0540.jpg


子供たちに、藁のすき方やのこぎりの使い方、なたによる竹の割り方を教えながら。
わたしたちは藁縄の結び方を年上の方に伝授いただきながら。

そして終わればバーベキュー!
大雨のなかを(^^ゞ

NCM_0542.jpg


二日酔いですが、今日もがんばります。


ちなみに十七夜も松上げも、地元壮年会が屋台をだします。
松上げは青年たちが花火をあげます。

長いつながりの中で、酒を酌み交わし、語り合いながら、それぞれのポジションを理解しながらの村づくりが進められている。いいことです。自分たちが楽しみ、子供には学校で教えられないことが教えられていきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

9月の六斎念仏

若狭坊さま

突然のコメントで失礼いたします。京都に住んでおりますkenichsbergと申します。

小浜の祭りや民俗行事で検索しておりまして、貴ブログにたどりつきました。いろいろと興味深い行事や文化財のご紹介、たいへん参考になっております。

ところで、一つおうかがいしたいことがあるのですが、奥窪谷で行われている六斎念仏につきまして、8月17日に行われるだけでなく、9月上旬の二百十日前後にも行われるとあるのですが、現在もそうなのでしょうか? できれば見学に行きたいと思っております。ただクルマなどがないと難しいものなのでしょうか?
http://www1.city.obama.fukui.jp/obm/sekai_isan/japanese/data/408.htm

突然の訪問に加え、厚かましい質問でたいへん恐縮ですが、なにとぞご教示を賜れると幸です。よろしくお願い申し上げます。

末筆になりますが、若狭坊さまと貴サイトの今後ますますのご発展を蔭ながらお祈り申し上げます。それでは失礼いたします。

Re: 9月の六斎念仏

kenichsbergさま

お恥ずかしいブログを覗いていただき感謝いたします。

さて、お問い合わせの奥窪谷の六斎念仏ですが、今年は9月9日(日)に
奥窪谷観音堂で行われます。

予定では、午前中に2年前に開帳した馬頭観音の閉帳法要。
13:00~大般若経転読

14:00~六斎念仏

の予定です。


公共交通のない山村ですので車でないときついかもしれません。
タクシーですと小浜駅から片道3,000円強かかると思います。


今後とも何なりとお問い合わせください。


     若狭坊 九拝

ありがとうございました

若狭坊さま

早速のご返答ありがとうございます。
京都にも六斎念仏はあり、小生その関係であちこちの六斎念仏を見学しております。
当地につきましてもぜひ訪れて拝見させていただきたいと存じます。

最初はレンタカーを考えて考えておりましたが、日中にやるのであれば、小浜駅からレンタサイクル使っても行けないことないかなと思っております。

いずれにしましても、ぶしつけな質問にたいへん丁寧なご返答をいただき、改めてお礼申し上げます。

それではこのあたりで失礼いたします。

kenichsberg
プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
705位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
109位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR