町家deフェスタ☆サイコーでした

日曜日は「小浜西組重要伝統的建造物群保存地区」の三丁町周辺で、町家deフェスタというイベントが開催されました。

庚申堂さんの縁日にあわせ、庚申堂世話人の皆さまはお参りの皆さまの対応と名物こんにゃくの販売。

小浜西組町並み協議会とボランティア有志は、門前で飲食物の販売と子ども縁日を開催。

NCM_0449.jpg

NCM_0450.jpg

竹と簾の手作り出店がいい雰囲気です。

飲み物、やきとり、何より手作りおにぎりが、ちょー美味でしたよ♪

NCM_0452.jpg

若狭坊は、がきんちょまつりの対応をまちづくりの巨匠APECさまと対応でしたが、あっち行ったりこっち行ったりで…。APECさんごめんなさい。

子どもたちと空き缶つみやけん玉、コマ回し、竹トンボつくりなどを楽しみました。

NCM_0465.jpg

NCM_0451.jpg


若狭JCの皆さまは、本通りの方で町家を開放したギャラリー展示や体験イベントを実施。

ギャラリーをご覧いただく浴衣でスタンプラリー。おしゃれなcafeで一息つく方、三味線の体験をされる方、語り部さんによる歴史文化ツアーなどさまざまな楽しみ方が提案され、子どもからお年寄りまでのいいイベントでした。

NCM_0459.jpg

NCM_0460.jpg


このようなイベント。目的がそれぞれ違うからスタートさせるのが難しい。

地元のみなさんは、地域に住むものとしての活性化を望む。そこに表だった「観光」というものはない。
何度も語り合い、マスタープランにつながっているから良く分かっている。
今回の事業もその一環なのです。

市内の若手のみなさんは、小浜の活性化を望む。そこには、小浜らしさの観光プログラムと経済効果がある。
「小浜を元気に」が全面に出る。


でも西組の活性化、小浜の活性化を望むのはみな一緒。まずは、みんなで楽しみながら「よかったね☆」といえるのが一番ですね。

地域が楽しみ、そこに観光客が融合する新しい「観光交流」の取り組み。

ボランティア事業とはいうものの、このような実証効果や人と団体のコーディネートというのが、これからのまちづくりを進める過程で大切なのは間違いない。若狭坊もがんばらなくては。

外からの刺激はまちづくりをいい方向に増幅させていくことが多いからね。

でも、ボランティア、仕事、家庭、そしてこれらを支えてくれている仲間との付き合い。
結構たてこむとしんどいもので…。どれもおろそかにできないから。

すべてをクリア(どこかに負担はかかるが…)し、一生懸命な人(個人的な見た目評価より、個々は一生懸命やっているものです。)の悪口を言わない!!
が、今現在の若狭坊のちいさな目標でもあります。


ちょっと、夏バテ気味ですが…(汗)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
419位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
61位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR