協働と地縁社会

7月になりましたね。

うす曇りの日の出30分前の朝焼けが一番きれいです。

NCM_0379.jpg

さてさて、

土曜日は「協働のまちづくり基本指針の説明会&講演会」に参加。

NCM_0381.jpg

心に残ったのは、やはりまちづくりには地縁組織の連帯が必須だということ。
ここに外的スパイスが入ると、大きなまちづくりへと発展していく。

地縁組織。日本を支えてきたものです。
伝統文化や民俗行事・年中行事はこれをつなぐ接着剤であり潤滑剤でした。

だから、まちづくりには伝統文化が大切になってきます。


さてさてさて、

日曜日は旧名田庄四ヶ村球技大会でした。
あいにくの天候で屋外競技は中止となり、バレーボール大会のみの開催。

NCM_0382.jpg


南川沿いの谷地域。小浜から京へ向かう周山街道沿い。
古代末から中世の名田荘文化圏の地域。

戦後の昭和の大合併の時、口名田村と中名田村は小浜市へ。
知三村と奥名田村は名田庄村となりました。

いまや、名田庄村さえなくなり、おおい町となっています。


それでも、親睦の年中行事として、人々をつなぐ大会。
いつまでも大切にしたいものです。

若狭坊が体協で活動する理由…

もちろんスポーツ好き。

でもそれ以上に人とのつながりができるから。一緒に楽しいことができるから。
いろんな活動からいろんなものを得る。そしてまちづくりに活かしていきたい。

昔からスポーツは人をつなぐもの。
民俗行事になっているものもあるよね。

「力石」なんかは若者の力比べだし。
「松上げ」なんかは玉入れだよ(笑)
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【協働と地縁社会】

7月になりましたね。うす曇りの日の出30分前の朝焼けが一番きれいです。さてさて、土曜日は「協働のまちづくり基本指針の説明会&講演会」に参加。心に残ったのは、やはりまちづくり...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
600位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
83位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR