蛙飛びと蓮華入峰

蓮華入峰まで一カ月を切りましたね。

奈良県指定文化財になっている行事ですが、奈良の方や興味のある方しか御存じないでしょうからご紹介しましょう。

吉野金峯山寺の三大行事である蓮華会は毎年七月七日に開催されます。

修験道の開祖であられる役行者さまが産湯におつかいになった大和高田の池から蓮華をいただき、大峯蔵王権現さまはじめ、大峯満山護法善神にお供えする行事です。



また、これに合わせて、奇祭として有名な「蛙飛び行事」も行われます。

この行事は、蔵王権現を罵った男が罰にあたり、山上(西の覗近く)の単独岩である「鷲の岩」に、鷲にさらわれて置き去りにされてしまった罰あたりな男の物語です。

通りかかった修験者に助けを請い、なんとか蛙の姿に変えてもらって連れ帰られたというお話。

まず吉野山では、上千本から下千本まで蛙御輿が練り歩きます。


その後、吉野ケーブル駅をスタートして多くの修験者とともに蔵王堂へ入堂。

わたしたち若狭の衆は、蓮華御輿と蓮華を入堂させます。


入堂後は管長さま導師のもと、散華の法要。

その後、堂前で多くの修験者に囲まれた蛙さんは、導師の授戒により人間にもどるのでした。


翌日は、入堂していた蓮華を携え、山上本堂まで二四キロを各地の靡に蓮華をささげながら向かうというもの。八日の入峰は心身をなげうち、大峯諸神仏に祈りをささげる行です。



今年は週末だから、蛙飛びのお客さんも、翌日の体験入峰の参加者も多いんだろうなぁ~。

いい天気だといいな!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

蓮華入峯の写真について

この記事の中の蓮華入峯の油こぼしを登るとろの写真は私の作品です。
画像検索から使用されたものと推測しますが、作者名はわかるはずです。
無断使用はしないでください。
今回の使用についても、1点につき20000円の使用料を請求します。
ご返信なき場合は対応策を考えます。

Re: 蓮華入峯の写真について

取り急ぎお詫び申し上げます。
URLにありましたメールアドレスにご連絡差し上げました。
プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
637位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
98位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR