歩けや歩けの週末(^^♪

最近ず~っと、村づくり&仕事の週末でしたが、土曜日のプチ仕事を除き、久々にまったり~なの週末でした。この後は秋まで週末にはほぼ何か入っているので…

貧乏性は何しようか…なやみになやんで…ひたすら歩いていました。両日とも2万歩以上。
いい前行になりました。というか山に入ったらよかった(-.-)
ちなみに体重は減りません(*_*;が体脂肪はグングン下がっています。

とういことはさしたるブログネタもなく。
朝夕のお散歩「神体山」シリーズです。

まずは恒例の多田ヶ岳。
若狭坊の居住地からは裏多田になります。表は若狭の龍。水を吐き出す神のおわす山。

古代、吐き出す水を制するため、山麓には多くの社寺が作られました。
神聖な水は、奈良東大寺に届けられます。

鏡多田5月

NCM_0256.jpg


若狭坊の家から多田を遥拝し、反転すると聖地飯盛山。
中世以降の修験のにおいが山麓に点在する山です。
山は見えませんが神々しい日の入り。あそこには神仏がいらっしゃいます。

NCM_0280.jpg


今年の夏の村づくりウォーキングは三世代で散策の予定です。



ちょっと遠征して若狭の西のご神体。青葉山。
左手です。霞の中に先端の山頂だけが見えます。

NCM_0262.jpg

山麓には西国三十三ヵ所の松尾寺や若狭中山寺。
青葉山から飯盛山にかけては三面八臂の馬頭観音坐像の密集地域。
海に開いて特別な文化地域を形成しています。
若狭らしく…鉄塔と送電線が痛々しい。これがなければ古代の風景と何ら変わりません。

さて、散歩域で撮ってない地域の神体山は久須夜だけだなぁ。
ひまなときに散歩してみよう。
ちなみに久須夜は市街地からよく見えます。山頂のテレビ塔や通信塔が痛々しいですが。

山頂まではエンゼルラインという観光道路がありますが、長いことがけ崩れで封鎖中。
久須夜大明神。たぶん一人になりたいのでしょう。

遥拝南無南無。

NCM_0284.jpg
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【歩けや歩けの週末(^^♪】

最近ず~っと、村づくり&仕事の週末でしたが、土曜日のプチ仕事を除き、久々にまったり~なの週末でした。この後は秋まで週末にはほぼ何か入っているので…貧乏性は何しようか…な...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

たかちゃんに負けんように私も歩かなアカンなー。週末の朝は二日酔い続きで歩けんかった。誠に残念…。
プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
547位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
83位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR