久々の重文指定

ビックニュースが舞い込みました。

久々に市内の文化遺産が国指定(重要文化財)になります。

市内谷田寺の千手・不動・毘沙門が指定されてから、実に二六年ぶりのことです。

まずは市内青井にあります高成寺の

木造千手観音立像

ようやく指定です。

298.jpg

全国でも遺品の少ない九世紀の仏像です。
もとは、若狭姫神社の本地仏であったという伝承があり、中世に山伏が盗み出し
川に廃棄されたものをお祀りしたという伝承があります。

山伏(若狭坊)は、そんなことはしません!(--〆)
でも、この伝承も、若狭の神仏信仰の歴史として貴重な伝承ですね。

もう一点は、若狭歴史民俗資料館で管理している

世界図日本図八曲屏風

256-1.jpg
256-2.jpg


中世末、海外貿易も行っていた港町小浜ならではの文化遺産といえるでしょう。
古様のいわゆる南蛮屏風で、安土桃山時代の類例の少ない作品です。


また小浜に宝が二つ。

福井県の一/三近い重要文化財が小浜に集中しています。

くわしくは…

若狭おばまのデジタル文化財

をご覧あれ!

ちなみに今日は若狭坊の四二回目の誕生日なので~す☆♪☆♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
686位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
102位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR