馬頭観音

若狭はあまり知られていないが三面八臂の木造馬頭観音坐像が密集する地域です。

何か特別な意味があるのは間違いないでしょう。

有名なのは高浜町の馬居寺(平安期)や中山寺(鎌倉期)の馬頭さん。
ともに重文です。

若狭坊の地元くぼたんの観音さんも馬頭さんです(南北朝期)。

中山寺は、若狭富士といわれる青葉山中腹にあります。

NCM_0175.jpg

いかにも…という山容です。

小浜の霊山が多田、久須夜、飯盛とすると、若狭の西はこの青葉山です。
ちなみに西麓には馬頭さんを祀る、西国三十三か所の松尾寺もあります。

中山寺本堂(重文)

IMG_4935_20111025010449.jpg

そして…
ご本尊です。

img_1033504_43235462_0.jpg

この力強さはまさに慶派の作!!
平安期の仏像が多い若狭で光を放っています。

ちなみに中山寺は重文の金剛力士像も著名です。

今日の南無南無は若狭のすべての馬頭さまへ。
大切な人の安心安全を祈って…

おんあみりとどはばうんはった
南無青葉大明神。南無青葉満山護法善神
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
490位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
72位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR