後瀬山トレッキングコース山開き


今日は神明神社再興お披露目でした。

20171011171114a98.jpg

内容は後瀬山トレッキングコース山開きですが、
後瀬山はすでに遊歩道完備で、後瀬の上の琴ヶ峯から神明さんに抜ける
中世の道路や景勝地周辺が整備されたというものです。

20171011171115066.jpg

場所柄、山は季節的に閉じる時期ですからね。


さて、朝から神明さんには、提灯や幟が揚げられ、まさに祭礼日。

今や山麓に隠れた小さな神社ですが、ごく最近までは小浜の町と直結した大神社だったのが神明さんです。


後瀬山山麓寺社と小浜の町並み。
いまや、R27とJR小浜線に分断されているためイメージわきませんが、
海とまちと山腹の社寺(中世は城))が一体となっていたのが「小浜」

そういう時代に回帰し始めているのでしょう。
江戸時代の神明神社社頭風俗図を復活させるというプランですね。


歴史は繰り返します。



今回の神明神社再興プランでは、社殿の旧地保護と表示などとともに
トレッキング利用やキャンプ場なんて案もあります。

これ、今の社寺イメージをもつ現代人には生臭く感じるかもですが、
物見遊山の社寺としては、当たり前なんです。

楽しみです。

20171011171116bf6.jpg

今日は何の迷いもなく、お祓いや玉串奉献など、都会であれば何人かの親が怒ってきそうなオープニングから子どもたちの登山がスタート(笑)

20171011171118487.jpg

建物は無くなったけど内宮や外宮

20171011171119137.jpg

玉椿社などの故地をながめ

201710111711210b4.jpg

天の岩戸や烏帽子岩、琴ヶ峯などの景勝地を行く。

201710111711223fd.jpg

神明さんは、伊勢内宮から勧請する神社ですから内宮・外宮はわかるのですが、
この神様。船でやってきて大船をつないだ故地が山麓にあったり・・・

熊野十二所や役行者をまつって、小浜修験の根本地であったり・・・

椿と八百比丘尼の伝説をもっていたり・・・


まあ、古代に後瀬山は歌にも詠まれるわけですから、古代の信仰を基盤に
中世の小浜の町が出来上がる平安時代末から鎌倉時代の歴史の謎を秘めている地です。

このあたりは改めて題材にしましょう(笑)


一行は後瀬山城跡に抜けて、

20171011171124a34.jpg

伏原愛宕登山口着。
所要時間1時間30分。
説明しながらゆっくりという時間ですね。

ここから西組を同じ時間ゆっくり散策すれば、
歴史と自然とロマンただよう半日トレッキングコースとなります。


八百比丘尼とコラボすれば

女性の方には美と健康

中年以上の方にはウォーキングと不老不死。


若狭坊は気になっていた山麓の手打ちそば屋さん「一葉」でランチ。

20171011171125c9a.jpg

デトックスできました♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お久しぶりです。

若狭出身の企業マンがボランティア活動で、後瀬山城跡の登山道を整備したとか…。

最近になく素晴らしい話です。
むかし、後瀬山城跡を歩きましたが、最近は武田氏館跡の方ばかりで山城はトンとご無沙汰しています。

近いうち、是非、新しくなった登山道を歩いてみたいと思います。

Re: No title

城歩きマンさま

いつもありがとうございます。
なかなかお城の集まりにもお顔だしできず恐縮です。

史跡外の西側からのとりつきが容易になりました。
本当は館跡から取りつきたいのですがJRがあるのでしょうがないです。
でも今後は八幡宮や常高寺から郭をながめながらあるけるようにできればと…

久しぶりに後瀬山登ってみて色々ご教示いただけるとありがたいです。
プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
640位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
99位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR