土用と五行


昨日は土用の丑の日。

みなさん「うなぎ」食べられましたか?

若狭坊は・・・

小浜と友好都市である西安からの友好使節団のみなさまをお迎えし・・・

2017072617264234c.jpg

御食国のうなぎといえば三方五湖。

20170726172642c3d.jpg

ということで、おいしゅういただきました。



さて、

土用ってどのような日かみなさんご存知ですか?

若狭坊もあまり詳しくはないのでウィキでも参照いただければいいのですが、
実は中国から伝来の思想である五行と深く関わっています。

五行とは「木」「火」「土」「金」「水」が深く絡み合い
一緒になったり離れたりで万物がなりたっているという思想です。

日本の暦の四立を「立春(木)」「立夏(火)」「立秋(金)」「立冬(水)」に
見立てて、その前の18日間を土用(土)としています。

この時期には土を動かしたり穴を掘ってはだめだと言われています。

ただ、立秋前の土用が(土)の周りで一番注目されているだけですね。
うなぎを食べるという平賀源内のキャッチコピーとあいまって
いまの日本の土用は夏です。

さて、中国から五行の思想を受け入れたとき。
日本の国家を形成するときに、
奈良を、そして京都を中心に五行が・・・

最近よく言われる近畿の五芒星

201707261726444fb.jpg

まもなくお披露目ですけれども

小浜もその国家形成を担ってきた大切な地域なのです。


いまも国際都市として、西安や慶州、奈良・京都とつながっている。

日本遺産というのもその一端。

人々の記憶は薄れても、歴史の深層は変わらない。
不思議なものです。

国家の形成ではなく、日本を支えている若狭。
再び表舞台にたつ時期が到来です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
640位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
99位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR