入峰一週間前


がんという病気は怖いものです。

すでに日本人の二人に一人が罹患する国民病ですが、
さまざまな情報があふれており、でも実際闘病する方の情報というのは貴重なものです。

闘病記録や家族の支えをブログで公開され、同じ方々の支えになっているのはいいこと。
これを同情を誘う独りよがりとかいって批判する方は許せない。

それと若狭坊もそうだが、ブログというのは、発信して知ってほしいというのと
自分に言い聞かせ自分を鼓舞するという弱い人間の人生の方法であったり生き方のツールでもある。

いわば責任を作り出し自分を追い込み自分を鼓舞しているのです。

だから見たくなければ見なくていいやん。
批判はしてはいけないよ。

少なくとも同じ病気で苦しむ方々の支えになっている。

若狭坊のブログも、少しは「小浜ってすごいな」と思ってほしいだけ。
そしてそれに関わるものとして責任もって動いていくと自己鼓舞しているだけです。

お見苦しいところは目をつぶってください。



さて、6月も終わり。

いよいよ入峰一週間前。
いろいろ準備をしたいのですが叶わず

今週末はお茶の京都関連イベント「日本遺産観光見本市」に参加してきます。
京都の南、木津・精華の学研都市にあるKICKで開催されます。

若狭坊の大学時代の行動範囲。
なつかしい地域です。

土日とも鯖街道行商人の格好で焼き鯖すしを販売していますのでお声がけください。
吉野の日本遺産もご参加ですので、一週間前の交流を深めてまいります。

さて、最近の若狭は焼き鯖すし。
京都といえば鯖ずし。
そして奈良・吉野といえば柿の葉すし。

7日は静亭でいただきますし、おみやげにも購入します。
江戸時代に由緒があるという柿の葉すしは紀州の塩鯖を内陸地でおいしくかつ保存を高めていただくもの。
祭りや慶事のごちそうとして食されるあたりや、目的などは京都の鯖すしと同じです。

若狭坊は大和を起源に、北の聖地若狭、南の聖地大峰熊野とよくブログで例えていますが、
じつは鯖の道としても文化を共有しています。

色々なところで繋がる聖なる道。

今年もバスながら若狭から鯖の道を南に道を辿り、
吉野から大峯奥駈道に入らせていただけるご縁。
先人に感謝です。

そして今週末はその途中で、しっかり焼き鯖すしを完売いたします(笑)
鯖街道は京都まででなく、奈良から吉野まで続いています。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
670位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
102位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR