大峰山と金峯山寺


さあ、大峯のご紹介にあわせ・・・旅の楽しさを。
メイン行程(2日目)は山岳修行です。
ちなみに1日目は蓮華会という金峯神社の大行事に出仕参加します。

20170608053552962.jpg

大峯山にお参りというと山上の大峯山寺や有名な西の覗きだけを連想しがちです。
なので、洞川清浄大橋の女人結界から大峯山寺までを大峯山と考えている方が多いと思います。
一般にネット検索などをされると上記コースがヒットするでしょう。


でも実は、北にある吉野の山下の蔵王堂から、大峯山寺の山上の蔵王堂までの総称が、実は大峯山であったり金峯山であったりします。
そして、山上・山下を含む道中にある社寺の集合体が「金峯山寺」です。
さらに山上から南の熊野に向かう道を含め「大峯奥駈道」として世界遺産になっています。


若峯講は金峯山寺の蓮華奉献入峰により、約20km以上の長い道のりですが、山下から山上までの古来の参詣道を辿ります。

金峯山寺の創建は7世紀末の役小角の金剛蔵王権現の感得に始まるといいます。
すでにこの頃には吉野も政治や信仰の拠点として成立しています。
一般参加の本体は東南院宿泊ですが、わたしたち若峯講の宿坊は飛鳥の香り高く天武天皇にゆかりのある櫻本坊。
こちらも歴史が体感できる護持院です。
博物館に頻繁に出展されるような文化財群がお出迎えです。

飛鳥の頃から、吉野から山上までが一体となって政治・経済・信仰の場であったことを想像するのは容易です。
後の奈良時代末には、弘法大師も吉野から山に入り、高野山にたどり着いています。

高野山開創とあいまって、吉野の拠点は一時衰退するようですが
9世紀末には聖宝理源大師が再興しています。

10世紀以後は大峯参りが大流行。
皇族や貴族の参詣が盛んになります。
有名なところでは藤原道長でしょうか?
山上からは経筒などの埋蔵品も発見されています。

平安貴族も信仰した道なのです。

鎌倉時代以降は、源義経や南北朝の盛衰などまさに歴史ロマンの宝庫。
飛鳥から現在まで、信仰の歴史を体感できます。

山上の大峯山寺本堂は日本で二番目に高いところにある重要文化財。
ちなみに一番目は立山室堂です。
プレミア感満載です。
どうやって建築したのだろう?
毎年考えてしまいます。

御本尊は蔵王権現。
蓮華入峰で参詣すると、新客(初めての方)は秘密の行者さんの参詣が許されます。

これらをすべて体感し、山下の洞川に下りた後のビールと温泉は最高です。

少し興味もっていただけましたか??

写真なしやし、伝わらんわなーーー。



ちなみに、この記事を書きおわって、昨日が高祖役行者様のご命日であり、梅田雲浜先生の生誕日であったことを再認識。

前後挟んでこのような記事を書いているあたり、生かされているなと思うのでした。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
705位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
109位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR