ご遺徳を偲ぶ


今日は小浜の偉人2名が旅立たれた日

5年ぶりに佐久間艇長顕彰祭へ参加。

201704160517302c6.jpg

日本初の国産潜水艇。
その訓練中で沈みゆく艇内での
沈着勇断と心遣い。

海外でもその姿は教本にでてきます。

参加者はご高齢の方が多くなってきました。

201704160517320cf.jpg散る

桜舞散る銅像。
愛する小浜の海と母校を眺めていらっしゃいます。
この姿さえ知らない市民の方が増えているといいます。
残念なことです。

さて、1日準備から片付けをすませ、
登美子女史の墓参り

201704160517356a0.jpg

5年ぶりに仕事につかせていただくことをご報告。

薄命の明星歌人。
本当なら与謝野晶子より著名になる女性でした。
いや…ずっと影の人として生きたかもしれませんが、たぶん故郷小浜に多くのものを残してくれたと思います。

多くの方に山川登美子記念館を知ってもらう。
関わってもらう。
若狭坊の使命です。

終わってスーツで桜散る小坊主の練習お迎え

20170416051733d6c.jpg

夕飯をかきこみ市民ソフトへ

20170416051736df4.jpg

残念ながら一回終了時点で雷雨中止。

あわてて役員会出席で
総会の資料打ち合わせ。

相変わらずハードな1日だ。

明日は1日若狭マラソンスタッフ!
教育委員会の定めです(笑)



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
386位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
63位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR