花供懺法会



修験の総本山、金峯山寺には三大行事があります。
「鬼も内」の節分会
若狭坊含む若峯講が出仕する蓮華会

そして、吉野といえば桜!
ということで金峯山寺最大の法会でもある花供懺法会(はなくせんぽうえ)です。

この行事は、本来、修二会の行事ですが時代の変遷や廃仏毀釈を経て現在の4月10日・11日・12日に行われるようになったそう。

修二会といえば、お水送りとお水取りなので若狭坊は興味津々です。

花供懺法会の起源は古く約1000年前にさかのぼるといいます。

由緒は様々な説がありますが、その昔、桓武帝が長岡京にて病に伏せったとき、吉野山宝塔院の高算上人の加持により病が平癒し、高算上人の望みにより吉野山蔵王権現のご神木の花神の供養が始まり、それが起源といいます。

そして、その費用を全国から一畝につき一穂の喜捨を願い、
全国から集めた米で4月10日に「吉野千本搗」で餅を搗き、参詣する人々に振る舞ったことが、現在の行事になっているといつことです。


明日からは花供懺法会の法会が2日に渡り行われます。

朝10:00、竹林院から行列が出発。
蔵王堂へ向かいます。

行列は、露払・会奉行・宗旗・会式協賛会旗・法螺、そして奴の行列となり、先達・挟箱(はさみばこ)・鳳・毛槍・算盤・傘が練り歩きます。

続いて、稚児・鬼・山伏・吉野山一山僧侶・法螺が歩き、管長の駕籠・信人総代の長い総勢250人の行列となります。

行列は、竹林院・櫻本坊・喜蔵院・勝手神社・東南院前で奴が「奴踊り」を踊ります。そして、蔵王堂へ奴踊りをしながら入り、行列が堂内へ入って行くのを蔵王堂前で見守ります。

その後、堂内では鬼踊りの後、花供懺法会が厳修されます。そして蔵王堂境内にて彩灯大護摩供が修せられ、その後、盛大に餅撒きが行われます。

現在の花供懺法会は、名だたる吉野山の桜の象徴的行事ですが、本来は、修二会の行事であり、堂内で行われる鬼踊りは、修二会の名残です。

花供懺法会は、廃仏毀釈以降は近代的な解釈が生まれ、現在のように「開祖役行者尊が御本尊金剛蔵王権現を御感得されて、そのお姿を桜の木に刻まれて以来、御神木としてあがめられている桜木を御本尊にお供えし、本年の桜の満開をご報告する儀式」という形になりました。

下千本は桜も見頃のよう。

桜の季節に一度は蔵王堂行きたいな~。

(参考:吉野山FB記事)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
417位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
67位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR